2011年4月21日木曜日

漆器工房「鈴武」の写真撮影

 今日は、昨日うかがいました「下野・会津・津軽 手仕事専科漆器工房「鈴武」の漆器を撮影いたしました。前回は、鈴武さんの施設内で撮影いたしましたが、今日は、自宅の工房で撮影いたしました。曇り空でもあったので、とても気にいった写真に収まりました。

 やはり、漆器の中でも鈴木誠一郎氏の縄文塗、根来塗は趣のある美しい色合いです。また、布着は、蒔絵や溜の黒とかと比較しても退けを取らない優れた意匠です。やはり、優れた作品にかこまれて至福の時間を過ごしました。近々、ホームページにアップいたしますが、楽しみにお待ちください。その中から気にいった器をご紹介いたします。
・縄文一汁一菜(根来)  ¥15,750
  径13.3cm×高12.5cm  
■商品コード A-01115■       
※3点の器(飯椀・汁椀・1菜皿)を収納できるタイプ
 
・縄文コーヒ&皿(小) ¥11,550
 径13.5cm×高8cm
径7.5cm×h6cm
■商品コード A-01100■
・ぐい呑み1個   ¥4,725
 曙(右)
 ■商品コード A-01075■
 縄文(中)
 ■商品コード A-01076■
 

・紅布着(左)   ¥3,150
■商品コードA-01107■
・縄文ビールカップ(緑)  ¥8,400
 径7.5cm×高15cm
■商品コード A-01108■

・縄文ビールカップ(根来) ¥8,400
 径7.5cm×高15cm
■商品コード A-01109■
・紅布着 湯呑み(大・小)
 (大)       ¥3,950
 径7cm×高8.5cm
■商品コード A-01050■
 (小)        ¥3,950
 径7.2cm×高7.3cm
■商品コード A-01049■
 
・縄文一汁一菜(緑)  ¥15,750
  径13.3cm×高12.5cm  
■商品コード A-01119■       
※3点の器(飯椀・汁椀・1菜皿)を収納できるタイプ
 

「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp