2011年4月5日火曜日

ジーンズに似あう「藍染手ぬぐい」

 かつて、若かりし頃は、ジーンズを常に愛用していました。私の㈱とぴい企画会社概要に世界旅行の写真が載っていますが、2年間履き続けたたのは、白く脱色したものと紺のジーンズの二本でした。その後つとめた、ホテルの仕事では、休みなしの勤務が多く、それ以来ジーンズを履くことが、少なくなりました。
 最近、ブログの「下野・会津・津軽の四季風景」から田園風景等の写真を撮る機会が多くなり、久々にジーンズを履くようになりましたが、知人より紺色のストールをプレゼントされましたが、とても良く似あいます。ジーンズは、インディゴ藍で染めた糸で織りますので、藍染のストールや手ぬぐいは、お似あいなのでしょう。

 また、日下田藍染工房では、持ち込み布の藍染めも対応しております。自然布であれば、なんでも染めることが出来ると仰っておられます。皆様の手元で藍に染めることで再生したい「シャツ」「バッグ」「手ぬぐい」などがあれば、染められてはいかがでしょうか。ご注文は、手仕事専科で承ります。

 それでは、今日の本題ですが、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の染織「日下田藍染工房」の「藍染綿ストール」と「藍染手ぬぐい」とをご紹介いたします。

●藍染には、いろいろの染め色があります。
綿ストールは、とても人気のある商品です。
ピンクは、西洋茜色、濃茶は、柘榴(ざくろ)です。
スカーフ「藍」       ¥4,900
 素材 綿・レーヨン
 サイズ 丈160cm×巾18cm
 ■商品コード S-12099■
 
スカーフ「藍(白線入り)」 ¥4,900
 素材 綿・レーヨン
 サイズ 丈160cm×巾18cm
 ■商品コード S-12100■

手ぬぐい「錨」   ¥3,000
 サイズ 横100cm×巾34.5cm
 ■商品コード S-12034■
手ぬぐい「縦枠」  ¥3,000
 サイズ 横100cm×巾34.5cm
 ■商品コード S-12032■
●精練の工程
自然布の被服を一度洗い、塵やほこり糊を
取り除き、藍が染まり易くします。
手ぬぐいでも、7~8回染ます。
多いものでは、13~15回ほどそめます。
●72個の藍甕です。
二度の大震災にも割れずに耐えた甕です。
中央の蓋は、大鋸屑を焚くかまどの蓋です。
冬季間の藍甕を温める時期には、煙がくゆっています。
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp