2011年4月6日水曜日

私の好きな「馬と踊るはにわ」の紹介

 先日は、群馬県の博物館納品の「盾持つ人」「いのしし」の最終確認で益子の大塚はにわ店へ行ってまいりました。
 「下野・会津・津軽 手仕事専科」では、博物館とは始めてのお取引でしたが、随分と勉強になりました。博物館の商品というのは、実物をあるがままに模写することが、ポイントとなります。似ていれば良いということでは、通りません。これからは、博物館納品の商品にも力を注いでゆきたいと考えております。
 その際に店内の埴輪の写真を数点撮ってまいりましたので、「わたしの好きな馬と踊るはにわ」をご紹介いたします。

 馬に乗られた経験のある方は、分かりますが、馬は、大きく凛々しくて、敏感な生き物です。弥生時代に大陸から弥生人と一緒に渡って来たものと思いますが、弥生時代の人々には、欠かせない生活を共にする身近で大切な動物だったのでしょうか。「馬」のはにわは、端正に美しく作られていることからも分かります。

 一方、「踊るはにわ」は、ひょうきんな姿とデフォルメされた姿から、とても人気があります。東京国立博物館に展示されている実物は、より細かに作られていますが、一般的には、民芸品はにわは、よりシンプルにデフォルメしており、たのしい姿になっています。大塚はにわ店では、一番の人気ものだそうです。
・踊る埴輪 男性(左)      ¥2,520
 サイズ 高約31cm
 ■商品コードS-01003■
        女性(右)      ¥2,520
 サイズ 高約28cm
 ■商品コードS-01004■
馬(大型)   ¥12,600
 サイズ 高約40cm
 ■商品コード S-01009■
・踊る埴輪 男性(左)      ¥1,470
 サイズ 高約16cm ■商品コードS-01001■
       女性(右)      ¥1,470
 サイズ 高約15cm ■商品コードS-01002■
馬(中型)        ¥6,300
 サイズ 高約29cm
 ■商品コード S-01008■
・踊る埴輪(手捻り) 男性(右)     ¥35,000
 サイズ 高約94cm ■商品コードS-01014■
                                        女性(左)     ¥35,000
   サイズ 高約83cm ■商品コードS-01015■
  

馬(特大/手捻り             ¥58,000
サイズ 高約76cm ■商品コーS-01016■
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp