2011年4月29日金曜日

春の益子陶器市を訪れました。

 今日から、春の益子陶器市が開催されました。昨日、埴輪のご注文があり、また、陶器市に来られる方々を知りたくもあり、それもこれもで出かけてまいりました。大塚はにわ店の明さんや奥さんも応対に忙しくされていました。ご注文の男女の大型踊る埴輪をお預かりして参りました。

 次いで、益子焼しのはらを訪れて、里子さんにご挨拶をさせていただきましたが、お店の前にテントを出されて、店内には美味しい珈琲を対応されていました。沢山の顧客のお客様が朝早くから「被害はどうでしたか」と声かけをされていたといいます。しのはらの長年のお客様なのでしょう。

 お客様の中に「神谷正一」さんの作品を覗いておられる方がおられるので、お話をしました。「手仕事専科」のことや私も神谷正一さんの作品が好きだということなど。お客様は、かなり以前より神谷正一さんの器をお求めになられていて、携帯から器の写真を見せていただきました。現在は店にない商品もありました。流し紋の意匠が好きで、今回は、お饅頭を載せるような小皿を探されていました。
 器の話になりましたが、珈琲碗でも縦横高さのサイズは、当然ですが、容量mlの表記も欲しいとの話があり、参考になりました。津軽びいどろは、企画であり、細かく容量まで記載しているのですが、陶器では、サイズだけが殆どです。次回からは、容量もいれようと思いました。ぜひ、私の「手仕事専科」を見てご意見を下さるようお願いいたしました。

 益子陶器市の風景を写真に納めてまいりました。ご覧になり、お時間の都合が付くようでしたら、ぜひ益子陶器市へお出かけください。
□■大塚はにわ店■□
民窯「大塚はにわ店」の通り
私の好きな、「踊る埴輪」と馬などです。
「ふりかえる犬」です。
□■益子焼しのはら■□
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp