2019年5月14日火曜日

「風合い」とは。

手仕事専科では、会津木綿を取扱っています。
かつて、30数社となる製造元は、今では、2社を残すばかりとなりました。

「風合い」とは、何でしょうか。
会津木綿は、明治期(明治35年頃)に創業され、産業発展とともに多くの織元が生まれました。
豊田自動織機は、私達の年代では、誰しもが知る国産の画期的な機織り機です。
豊田佐吉翁の苦労と成功を知らない者は、いないでしょう。
その織機が、今まだ令和の時代になっても働き続けています。
しかし、すでに備品等は、調達できません。
損耗しお釈迦になった織機を解体し、その部品を使います。
その明治に始まる会津木綿の「風合い」は、触れて見なければ、判らないでしょう。
コンピューター制御の最新の機械で織られる高級極細の綿糸の木綿布とは、まったく異なります。
明治、大正、昭和、平成、しすて、令和へと生き続けてきた木綿布です。

「風合い」とは、何でしょうか。
益子焼に代表される陶器と伊万里等の磁器の違いのようにも思います。
益子焼は、美しい磁器には、強度も品格も敵いません。私の知る益子焼の窯元は、「磁器は、大嫌いだ。」と言います。
陶器の益子焼は、磁器には、敵わないからです。
しかし、勝るものがひとつあります。
「風合い」です。
磁器にない独特の「風合い」が、陶器には、あります。
会津木綿の場合にも同じです。
手触りと風合いは、他の美しいシルクや細い綿糸から織られる木綿布とは、異なります。
「ひと」においても同じでしょうか。
工事現場で働く「人夫(にんぷ)」は、超近代的なビルで働く社長連とは、経済力や生活面においても、全てに敵わないでしょう。
しかし、「心」の部分では、如何でしょうか。
どちらが「幸せ感」を満喫しているでしょうか。
それが、ひとの魅力であり、「風合い」です。
「風合い」のある人は、「粋」です。
私は、「風合い」のあるひととして、「粋」に生きて行きたいと思います。
手仕事専科    http://tesigotosenka.com
山田木綿織元   http://tesigotosenka.com/yamajyuaidumomen.html

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ


 

2019年5月4日土曜日

菅家藤一のオリジナルバッグ

工房間方の菅家藤一氏とのお付き合いは、当サイトのスタート時からでした。
手仕事専科は、私の構想の中には、全く無かったものですが、縁あって、第10期を迎えています。
神様のご褒美と思っています。

振り返ると恥ずかしいことばかりの連続でした。
学生時代は、テニスに明け暮れて、明治大学生田校舎のロックアウトを良いことに和泉校舎のテニスコートに通っていました。
5連軟式テニス連盟というのがあり、春と秋に大きな大会を控えて、真っ黒に日焼けしていたものです。菅平や山中湖、熊谷市内の旅館、京都御所、いろいろなところで、毎年、合宿をしていました。憧れの女子学生もいましたが、(今思っても素敵な女性でした。)
粗野で田舎者の餓鬼同然の私には、縁なく4年間が過ぎていました。
応用微生物学を卒業と同時に学士入学で本校舎の駿河台校舎に通いました。
経済学科に編入し、友人の外国旅行の誘いに乗って、アルバイトをし、世界旅行に旅立ちました。
大した準備もなしに2年間の一人旅です。
旅の途中で、現在の妻と出会い一緒に旅行をしたのが、新婚旅行のようなものです。
縁あって、今も一緒に居ります。
その後、日本ビューホテル株式会社に入社し、家庭も持ち、学生時代を遊んだために同じ年の者たちは、すでに主任の肩書があり、悔しい思いをしました。
一生懸命に働きました。
そして、30年。

もうホテル業に就くのは、嫌だ!
そんな時にフッと脳裏に浮かんだのは、企画でお世話になった方々の伝統工芸品をwebciteで販売するということでした。
2年程は、アルバイト然の仕事をしながら、手仕事専科 webciteを続けました。
60歳からは、年金支給を受けましたので、3年も経つと、何とかやって行けそうな気配になりました。
年商1,000万円を超えたからです。

工房間方の菅家藤一氏は、懐の深い方です。
奥三島の工芸館の館長出会った頃に出会い、今もって、マタタビやヒロロ、山ぶどう皮細工の工芸品をご紹介してくれます。
昨年末から、海外向けに山ぶどう皮「クラッチバッグ」お客様の御要望で作りました。
工房間方の菅家藤一さんのオリジナルです。
都合3種類になりました。
女性向けに2タイプ。
その名もクラッチバッグ華(はな)と凛(りん)です。
そして、男女兼用で1つです。
こちらは、セカンドバッグ彬(あきら)です。
画像でご紹介しますので、お楽しみください。
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
工房間方  http://tesigotosenka.com/kobomakata.html

・クラッチバッグ華「はな」          ¥70,000  内袋付き:(外寸) 
 縦15㎝×横25㎝×マチ5㎝
 材 山ブドウ
 ■商品コード A-21003■
 
・クラッチバッグ凛「りん」          ¥70,000 内袋付き:(外寸)  縦15㎝×横25㎝×マチ5㎝
 材 山ブドウ
 ■商品コード A-21004■
 
・セカンドバッグ彬「あきら」          ¥108,000  内袋付き:外寸
 横30cm×巾6cm×高20cm
 材 山ブドウ裏皮
 ■商品コード A-21005■


クラッチバッグ
クラッチバッグ(英: clutch bag)とは、肩ひものついていない小型のハンドバッグのこと。トートバッグなど大きいハンドバッグの中に入れて持ち運ぶ事もあるため、セカンドバッグとも呼ぶ。
持ち手が付いていないので、抱え込んだり、握り込む様にして持つ[1]。アクセサリー的な意味も含めて、女性が持つことが多いが、これは女性の礼装(ドレス)にはポケットが付いていない事がほとんどのため。最低限の化粧品やハンカチなどを入れて携帯する。
1990年代から日本でビジネスマンがクラッチバッグを携行することが流行し、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也氏はビジネスマンを表現する小道具としてクラッチバッグを携行している。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2019年5月1日水曜日

薫風のお洒落”ストール”

新緑を迎えて、ストール作りが、スタートしました。
ここ何年も福島復興支援グループの方々が、会津木綿から創られています。
今年も沢山の爽やかな会津木綿生地のご注文のとなりました。
凡そ、2mから、ひとつのストールが出来上がります。
お奨めの会津木綿品番をご紹介しますので、お楽しみください。

手仕事専科   http://tesigotosenka.com
山田木綿織元 http://tesigotosenka.com/yamajyuaidumomen.html
 下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

会津木綿価格改定のお知らせ

長年、会津木綿・山田木綿織元を御愛顧下さいまして、有難うございます。
さて、長きにわたり、価格を維持してまいりましたが、令和元年5月1日より、価格改定を行います。
従来の価格、7,500円/縞、8,000円/無地でしたが、一律、9,000円/1反となります。

明治35年創業の会津木綿ですが、今でも豊田自動織機を使い織り上げています。
当時は、30数社が軒を並べておりました。
しかし、今では、2社を数えるほどになりました。
100年を超える時代、それこそ明治・大正・昭和・平成そして、令和へと生きてきた織機です。
縦糸の整経は、1,000本を超える糸を調達し、350mにも及びます。
手作業です。
それに横糸を通します。
近代的な織機では、会津木綿の風合いを出すことが出来ません。
引き続き会津木綿の風合いを伝えてまいります。
これからも宜しくお願い申し上げます。
手仕事専科   http://tesigotosenka.com
山田木綿織元  http://tesigotosenka.com/yamajyuaidumomen.html
 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ


 

祝 令和元年。

今朝は、穏やかな朝に嬉しく思いました。
令和元年5月1日です。
平成から、令和に元号が移りました。

68歳の齢の私は、昭和25年生まれです。
昭和平成令和と3元号を生きることになります。
手仕事専科も、10年目に突入しました。
和美との生活を提唱しています。
齢とともに伝統と美、真理と善に関心が深まります。
美を極めると背景に真理が見えてきます。
そして、善が周囲を護っていることが分かります。

令和元年、これからが手仕事専科の再スタートになります。
これからも宜しくお願い申し上げます。

工房間方
http://tesigotosenka.com/kobomakata.html
武者絵の里大畑
http://tesigotosenka.com/musyae.html
日光下駄山本政史
http://tesigotosenka.com/nikkougeta.html
右近型草履
日光下駄
http://tesigotosenka.com/nikkougeta.html
根来塗
一汁三菜椀
http://tesigotosenka.com/suzutake.html
津軽金山焼
焼き締めの器
http://tesigotosenka.com/kanayamayaki.html
津軽裟き織
トートバッグ
津軽こぎん刺し
弘前こぎん研究所
http://tesigotosenka.com/koginsasihtml.html
 
網代編手提巻手(2分幅)

http://tesigotosenka.com/akebituru.html

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2019年4月10日水曜日

マタタビの果物かご

会津奥三島には、奥会津編み組細工があります。
福島県大沼郡三島町の「素晴しい編み組細工」をいろいろなイベントで日本中に拡散しています。
町興しの成功事例です。

手仕事専科では、会津とのご縁から、いろいろな伝統工芸品をご紹介しています。
筆頭は、会津塗会津本後焼絵蝋燭会津木綿赤べこ起上り小法師味噌醤油鰊山椒漬凍み餅・・・・ですが、更に奥会津編み組細工でした。
工房間方とは、異なります。
 http://tesigotosenka.com/kobomakata.html
マタタビの果物かご
手ごろな大きさです。
大と中あり。
笊口 φ29cm×h10cm 大
¥5,000(税別)
笊口 φ26cm×h12cm 中
¥6,000(税別)
奥会津三島町間方地区

□雪国の手仕事  http://www.okuaizu-amikumi.jp/?cat=7
 ・ふるさと会津工人まつり
 ・全国編み組工芸品展
 ・三島町生活工芸品展

□三島町の生活工芸運動---- 
「冬は好きだ。ものづくりができるから。」
三島町の生活工芸運動が始まったきっかけは昭和50年代に行われた三島フォーラムでのこの言葉でした。
三島町のある奥会津は豪雪地帯。冬になると約2mの雪で覆われてしまいます。そんな農閑期の仕事はものづくりでした。
ワラジや蓑(みの)をはじめとした道具や衣類、荷縄やカゴなどの山仕事の道具など、いろんなものを作り、直し、そしてまた一年間を過ごすための準備期間でもありました。
それは家々で、囲炉裏端で火を囲みながら、御茶飲み話を弾ませながら、じいちゃんやばあちゃん、子ども達も一緒になって遊びながら作っていたことでしょう。
遡れば、日本人は古くから道具を作り、道具を使って生活してきたのです。三島町では約2,400年前の縄文時代の荒屋敷遺跡から編み組細工が発見されています。今と全く変わらない技法、そして使用感はその暮らし振りの片鱗を伺うことが出来ます。
そのものづくりの文化を後世にも伝えていくために昭和56年から始まったのが生活工芸運動です。
前身の「観光みやげ品コンクール」は昭和47年から始まっており、地域の資源を活かした地域づくりを数十年に渡り、町の人たちの力で受け継いできた運動です。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2019年4月8日月曜日

クラッチバッグの紹介

昨年末から、海外向けに山ぶどう皮で作ったバッグ「クラッチバッグ」お客様の御要望で作りました。
工房間方の菅家藤一さんの力作です。
都合3種類になりました。
女性向けに2タイプ。
その名もクラッチバッグ華(はな)と凛(りん)です。
そして、男女兼用で1つです。
こちらは、セカンドバッグ彬(あきら)です。
画像でご紹介しますので、お楽しみください。
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
工房間方  http://tesigotosenka.com/kobomakata.html

セカンドバッグ 彬(あきら)
クラッチバッグ 凛(りん)
クラッチバッグ 華(はな)
 
 
[クラッチバッグ
クラッチバッグ(英: clutch bag)とは、肩ひものついていない小型のハンドバッグのこと。トートバッグなど大きいハンドバッグの中に入れて持ち運ぶ事もあるため、セカンドバッグとも呼ぶ。
持ち手が付いていないので、抱え込んだり、握り込む様にして持つ[1]。アクセサリー的な意味も含めて、女性が持つことが多いが、これは女性の礼装(ドレス)にはポケットが付いていない事がほとんどのため。最低限の化粧品やハンカチなどを入れて携帯する。
1990年代から日本でビジネスマンがクラッチバッグを携行することが流行し、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也氏はビジネスマンを表現する小道具としてクラッチバッグを携行している。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2018年6月20日水曜日

朝鮮通信使の下川原焼土人形のお届け

手仕事専科には、津軽の伝統工芸、下川原焼土人形があります。
その工房は、阿保正志さんが作っているのですが、この度のお話は、本家高谷家の話です。

先日、尼崎市にお住いの方から、仲尾宏著:朝鮮通信使-江戸日本の誠信外交(岩波新新書に)3体の下川原焼人形が、紹介されているけれども、その人形を気に入っており、探していますとのお電話を頂戴いたしました。
在日朝鮮人の方です。
隣国の朝鮮を通じて長い交流の歴史があります。

今回出来上りお届け出来た人形です。
左が太鼓持ち。右がラッパ吹きです。
下川原焼土人形。
その後、調べたところ広島県の呉市に(公財)蘭島文化振興財団があり、そこにその人形が残っていることが分かりました。
12体の人形です。
資料としては、一級品ですが、骨董品としては、残っているのでしょうが、現在、作っているのかというと難しいことになります。
画像をご覧ください。

そのようなことから、下川原焼土人形の高谷智二さんを知ることが出来ました。
下川原焼土人形7代目になります。
とても真面目に下川原焼の継承に取組まれており、彼の伝統に対する考え方を知ることが出来ました。
最終的にこちらの玩具のうち、3種類の型があることが分かりました。
これらの物を愛で、愛玩として求められる方は、少ないだろうと思います。
決まって求められるのは、郷土玩具の収集家になります。
春先の話から、やっと、お届けすることが出来ました。
ご縁に感謝したいと思います。
求められる方が居られ、その方から、朝鮮通信使の歴史を知ることが出来ました。
そして、お求めに応えることが出来ました。

 朝鮮通信使(ちょうせんつうしんし)とは、室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮から日本へ派遣された外交使節団である。正式名称を朝鮮聘礼使と言う。
 
朝鮮通信使のそもそもの趣旨は、室町幕府将軍からの使者と国書に対する高麗王朝の返礼であった。1375年永和元年)に足利義満によって派遣された日本国王使に対して(よしみ)を通わす使者として派遣されたのが始まりである。15世紀半ばからしばらく途絶え、安土桃山時代に李氏朝鮮から秀吉に向けても派遣された。しかし、その後の文禄・慶長の役(壬辰・丁酉倭乱)によって日朝間が国交断絶となったために中断されて、江戸時代に再開された。
広義の意味では室町時代から江戸時代にかけてのもの全部を指すが、一般に朝鮮通信使と記述する場合は狭義の意味の江戸時代のそれを指すことが多い。「朝鮮通信使」という表現は研究者による学術用語であり、史料上には「信使」・「朝鮮信使」として現れる。また江戸幕府は朝鮮通信使の来日については琉球使節と同様に「貢物を献上する」という意味を含む「来聘」という表現をもっぱら用いており、使節についても「朝鮮来聘使」・「来聘使」・「朝鮮聘礼使」・「聘礼使」と称し、一般にもそのように呼ばれていた。

江戸幕府の外交政策において、朝鮮は琉球王国と並んで正式な国交のある通信国とされていた。その他の中国の、ポルトガル(南蛮)、オランダ・イギリス(紅毛)といった国々は貿商国と定義されており、貿易は行いつつも幕末まで正式の外交関係はなかった。このため朝鮮通信使は江戸幕府の威信を示す機会であるとともに、文化交流のきっかけにもなった。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

 

2018年6月15日金曜日

山ぶどう皮手篭の修理(before・after)--宮本工芸

津軽のあけび蔓細工の工房、(有)宮本工芸では、あけび蔓、山ぶどう皮手篭の修理を受付けています。
ネット通販等で購入されても数年~5年も経つと持ち手が痛んだり、蔓が折れたり、仕舞い込んで虫に喰われたりすることが、あります。
どちらも使い方次第なのですが、これらの自然の素材で作る篭は、修理をしながら長年使い続けることが出来ます。
山ぶどう皮手篭は、孫子の代まで使い続けられると言います。
御祖母ちゃんの形見を娘が次いで、そして、孫娘が使うからです。
形見は、大切に仕舞っておいてではなく、普段使っていたものが形見になるのです。
季節を迎え、その手篭を見ると祖母を母を思い出すから、形見です。

今回、2点の修理を承りました。
ふたつともタンスに仕舞っていて、虫食いにあったものです。
1カ月弱で見事きれいに修理されました。
お気に召して頂き、安堵しております。
手仕事専科  http://tesigotosenka.com
(有)宮本工芸 http://www.geocities.jp/hwfhb259/akebituru.html 

before after でご紹介いたします。
[before]
箪笥の中に大切に仕舞っていたと言いますが、
箪笥の中は、空気の流れがなく、湿気が生まれます。
虫の繁殖しやすい環境です。
小さな虫なので、分かりません。
虫食いかどうかは、白い粉が落ちていると
虫に喰われている最中です。
山ぶどう皮手篭は、高額になります。
このように無惨に喰われてしまうとため息がでますね。
底だけが喰われていました。
何本かの皮が喰い千切れています。

[after]
何本かのあけび蔓を差し替えました。
きれいに丈夫になりました。
殆ど分からないほどにきれいになりました。
-----------------------------------------------------
■蔓細工の特長
・堅牢無比、耐久性に富み,年を経るに従って光沢を楽しむことができます。親子数代にわたって 使用されているのも珍しくありません。

蔓細工の上手な使い方
・かるいほこりは編目にそって乾いたたわしで撫でてください。
・汚れがひどくなった場合は水洗いしても大丈夫です。ただし,洗剤を使わずしっかりと陰 干しをして下さい。
お手入れの方法
・本製品の一番のお手入れ方法は、しまいこむのではなく使い込むことです。特に梅雨時な ど湿気が高くなる時期は,カビなどの発生は自然と多くなるので、しまいこむのは避けて くださるように お願い申し上げます。
修理のお問合せ
・大切にしたい、愛着ある篭でも、長年使い込むうちに取っ手などに修理が必要となります。修理をすれば、まだまだ長く使うことが出来るのが、蔓細工です。
 「修理が」と思われたら、手仕事専科までお気軽にご相談ください。

-----------------------------------------------------
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ