2018年5月15日火曜日

岩木山・白い冬の飛翔--貴田洋子

第57回現代日本工芸美術展が、上野の東京都美術館で開催されました。
4月18日~26日の短い期間でしたが、19日に訪れました。
手仕事専科には、現代津軽こぎん刺し作家貴田洋子氏を紹介しています。彼女の作品が、出展されていたからです。
貴田洋子氏は、弘前の大鰐のご出身ですが、一目で津軽美人とわかる美しい方です。

津軽には、7年程過ごしました。
ホテルのプロパーとしてでした。
りんごで豊かな相馬村にできた第3セクターの施設です。
現、弘前市「星と森のロマントピア」ですが、天文台、スキー場、テニスコート、温水プール、天然温泉、キャンプ場、遊具、コテージ、ホテル等を有するテーマパークでした。
40代の働き盛りでした。
毎日が忙しく、本社と勤務地との板挟みで、ストレスも半端なくありましたが、それでいて楽しい毎日でした。
今振り返ると人生で一番楽しい時を過ごしていたのかもしれません。

美男美女を表した言葉に「相馬男に目屋女」という言葉があります。
長谷川和夫ばりの男性が、沢山いましたし、本当に美しい女性が、りんご畑の作業をしていました。
日除けに真深く被ったツバ広の帽子から覗く目がチャーミングで、その覆いをとると小顔の色白で美しい顔立ちの女性が現れました。
不思議です。
津軽は、昔から米どころで飢饉の度に京や大阪から美しい女性が売られてきたからとききましたが、どうでしょうか。
「岩木山・白い冬の飛翔」の作品を前に
貴田洋子さん
白い岩木山が、どっしりと刺しています。
地平には、こぎんの模様が美しいですね。
錦糸をつかっています。
星と森のロマントピアからは、
正面にこの姿の岩木山を望みました。
朝に夕に毎日眺めた雄姿です。
ほんとうに「どっしり」とした姿!
春まじかの冬の岩木山。
飛翔する八咫烏
八咫烏とは
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/AC-04pic/AC-04-03.html
もどこ
伝統的なもどこ(文様)は、抽象化されて、
楽しい美しい形になります。
伝統的、古典は、力を持ちますね。
中途半端な意匠では、敵わないものを感じます。
この度の彼女の作品は、「岩木山・白い冬の飛翔」です。
伝統的に伝わる技術のこぎん刺という刺し模様の美しさから、美術工芸にまでされた方ですが、意匠だけでは、飽きが来ます。
 油絵や他の彫刻等と刺し子の美術工芸ちがいを感じます。
刺し子から、色、デザイン、奥行き、刺し模様の面白さなど、いくつかの要素を持ちます。
貴田洋子氏の色の時代、八咫烏の登場、そして、次は、何になるのかが、気になるところです。
タペストリー
津軽 白い冬
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/AC-04pic/AC-04402.html
第57回現代工芸展出展作品のモチーフが、
津軽 白い冬です。
とても素敵なタペストリーになりました。
現代津軽こぎん刺し作家貴田洋子  http://www.geocities.jp/hwfhb259/kidayouko.html
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 
 

2018年5月13日日曜日

「クレヨン」作家「布弥(ふみ)」さんのこと

手仕事専科には、野州麻紙工房があります。
大麻草から、精麻や麻がら、麻炭(粉末)、(スティク)等をつくり、販売している一貫農家です。一年を通して、忙しくしています。
会社組織にし経営の近代化をなさっているのですが、それぞれに担当があります。
大麻草の種まきから収穫までは、家族総出で行いますが、力仕事は、大森芳紀氏になります。
彼は、芸術的センスを持ち合せ麻紙を漉き、いろいろな和紙製品(麻紙)をつくります。非常に繊細な感性でタレント(才能)溢れる方です。

麻ガラは、大麻草から精麻を取り除いた芯になるのですが、その麻ガラを使用している方に「布弥(ふみ)」さんというイラストレーターがいます。
地球に優しい素材として、麻墨、麻和紙、麻クレヨンをふんだんに使って大人の心にもそっと響くようなクレヨン&絵を制作販売している方です。
彼女の作っているものにとても素敵なクレヨンがあります。
クレヨンて、子どもの頃に初めてふれあう絵の具です。
白い画用紙に思い思いの色のクレヨンで、描いた記憶がよみがえります。
こちらをご覧ください。
https://rainbow-of-heart.jimdo.com/%E6%89%8B%E4%BD%9C%E3%82%8A-%E9%BA%BB-%E7%B1%B3-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E8%B2%A9%E5%A3%B2/

この度、布弥さんのことが、veggy(ベジィ)という雑誌に紹介されました。
彼女のプロフィールは、こちらをご覧ください。
https://rainbow-of-heart.jimdo.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB-1/

こちらの絵を描いている方が、
布弥さんです。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 
 

2018年5月2日水曜日

「粋」な会津木綿でつくる割烹着

春を迎えて、手仕事専科では、会津木綿が人気です。
縞柄の愉しさは、古今東西をといません。
stripeとcheckは、洋物好きの御洒落者には、堪えられません。また、江戸時代には、「粋」という言葉や「傾奇者」の言葉が残ります。

最近まで、割烹着・シャツを作られる方が少なくなり困っていました。
しかし、山田木綿織元で、それらの割烹着とシャツ、ブラウスが、出来るようになりました。
「ヤッター!」。
その方は、センス溢れる方でした。
和物雑貨を為される方は、本当に「布」と「作ること」が、好きです。
しかも個性的な「デザインセンス」があります。
「センス」は、もって生まれた才能に努力で「磨き」がかかった結果です。
「モノづくり」の「センス」です。
そして、もう一つは「縫製の技術」です。
手に取った時に丁寧に縫製されたものでないとお客様には、気に入られません。
ようは「丁寧な仕事」です。

「美しいstripeの会津木綿をつかい、割烹着を作る楽しみ」
これらが、山田木綿織元の商品となりました。
会津木綿の生地№を選んで、割烹着、シャツブラウスをお作り下さい。
デザインは、ご相談できます。
とてもセンス溢れる方です。

手仕事専科   http://tesigotosenka.com
山田木綿織元  http://www.geocities.jp/hwfhb259/yamajyuaidumomen.html
会津木綿・割烹着 2
フリーサイズ 
 
会津木綿・割烹着 1
フリーサイズ 
会津木綿・割烹着 3
フリーサイズ 
会津木綿・割烹着 4
ロングサイズ 
会津木綿・割烹着 5
ロングサイズ 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 
 

2018年5月1日火曜日

縞柄--日本の布を楽しむ(会津木綿)

手仕事専科では、会津木綿が人気です。
現在、会津には、織工場が2社ほどございます。
その一つが、山田木綿織元です。
先日、「だからこその風合い」--会津木綿」のブログでご紹介いたしましたが、そちらの方から、出来上がりの商品画像とイベントのご紹介がありました。
会津木綿は、無地と縞がありますが、縞(ストライプ)が魅力です。
通常縞柄は、縦縞、横縞、格子縞となりますが、英語では、stripeとcheckといいます。
和物雑貨では、縞も無地もつかいます。
無地は、着物の裏地や縞とのバランスで使うことが多いように思います。
作品を写真でご紹介します。

●ご紹介
  会津木綿、その他、日本の布での手提を展開させていただいております。
   ○阪急梅田店  4/25~GW 
会津木綿縞№819
--(縞柄和名)----------------------------------------------------------
  • 千筋(せんすじ)・万筋(まんすじ) - 2色で構成された極細の縞。
  • 千筋のほうが幅広とも、万筋は濃淡が対比的な2色で作るともいう。 
  • 棒縞 - 太い縞
  • 金通縞(きんつうじま・きんとおしじま) - 2本の太めの線が組になり、各組の間に間隔のある縞
  • 子持縞・親子縞・孝行縞 - 太い線と細い線が組になった縞。
  • 太さの違いが少ないものは夫婦縞等とも
  • 矢鱈縞(やたらじま)・乱縞(らんじま) - 線の間隔が不規則な縞
  • 滝縞 - 線の太さが連続的に変化している縞。シェイディッドストライプ
  • 鰹縞 - 鰹の体色の如く、線の色が一本ずつ濃淡が変化する縞
  • よろけ縞 - 線がよろけた縞
  • 吹流し縞 - 吹き流しのように見える縞
  • うねり縞 - 波線の縞
  • 折れ縞 - ジグザグ線でできた縞
  • 真田縞 - 真田紐のような模様が織り込まれた縞
  • 関東縞 - 江戸時代末期に流行した細い縦縞。赤糸が入るものが多い
  • 格子縞
  • 碁盤縞 - 碁盤の目のように等間隔に細い線が交差する格子
         弁慶縞 - 2色の線を縦横双方に用いた格子
         千鳥格子 - 千鳥のように見える格子。ハウンドツース。
    -------------------------------------------------------------------------
    下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     

    手仕事の「受注生産」とは--網代編手提巻手

    手仕事専科には、いくつもの工房があります。
    そして、受注生産のものも少なくありません。
    先日、宮本工芸の商品ですが、2012年度にご注文の方の「網代編手提巻手(2分幅)」の物が出来上がり、お届け出来ました。
    御注文時の納品予定通りに6年先のお届けになってしまいました。
    -------------------------------------------
    手仕事は、受注生産が少なくありません。
    手で一つずつ作る工程から、一番効率的と思っています。
    嘗てのもの余りの時代のお店に並べて、好きなものを購入する「消費第一主義」の時代は、「もったいない」には、相容れません。
    「和美との生活」の考え方です。
    手仕事は、それでいいと思います。
    --------------------------------------------
    その手提篭は、三上徳仁氏の作で素晴らしいものでした。
    形は、当然ですが、材料の山ぶどう皮が、綺麗なもので、材料、編みとが揃ったものは少ないかと思います。
    山ぶどう皮の網代編手提巻手は、型で編上げます。
    編が上に行くほどに広がりが出てしまいます。
    それを上口(笊口)で締めることになるのですが、上手い職人は、それが出来るのですが、下手な職人には、それが出来ないと聞きます。
    ラッパ状に終わってしまうからです。
    立上げの山ぶどう皮が、40本とすると3~5本ほど上口近くで減数することになります。
    それで締りが 出て美しい形になります。
    写真に撮りましたので、その形をご紹介します。
    宮本工芸      http://www.geocities.jp/hwfhb259/akebituru.html
    網代編手提巻手  http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/t-15pic/t-15019-5.html
    ※画像の職人は、三上徳仁さんです。
    手仕事専科     http://tesigotosnka.com

    網代編手提巻手(2分幅)
    三上徳仁作
    最後に幾本か、減数されます。
    口が絞られることになります。
    天然の山ぶどう皮を厚さ幅をそろえますが、
    2分幅は、5mmともなり、
    長い材料がなかなか揃いません。
    材料が、確保されるのを待って、編み上げます。
     下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     

    2018年4月20日金曜日

    「だからこそ」の風合い--会津木綿

    下野・会津・津軽 手仕事専科の人気工房に「山田木綿織元」があります。
    現在、会津に残る会津木綿製造のひとつです。
    その会津木綿が、引きも切らずに人気ですが、大変なストーリーがあります。
    以前は、もう一社ありました原山織物工場様と御付き合いをしていたのですが、もうすでに3年程になるでしょうか、諸事情から、廃業してしまいました。
    現在は、HARAPPAとして、営業を継続されていますが、製造形態を大きく変えてしまいました。
    価格も変え、製造物も全く変わりました。
    残念ながら、現在は、お取引が出来ません。

    明治38年創業の山田木綿織元
    豊田自動織機をつかい、今も織り続けています。
    かつお縞№612
    かつお縞と言って、分かる方は、何人いるでしょうか。
    縞の幅の違いで、3種類ほどあります。
    縦糸の整経は、大変です。
    350mもの糸を準備して織ります。
    横幅は、37cmですが、
    何本の縦糸を使うと思いますか。

    山田木綿織元さんは、旧来からの伝統的な会津木綿を作られています。
    200種類にも及ぶ反物の製造卸であり、他にもデパート催事用に小物も作られています。
    全国には、会津木綿が好きなお客様が、たくさんおられます。
    ある方は、今朝ほど、メールで「会津木綿との出会い」その「ストーリー」をお聞かせくださいました。
    ここに抜粋して、ご紹介いたします。

    (お客様のメール)----------わたしが会津木綿を知ったのは、7年程前。
    会津の友人がカフェをオープンするというので、会津木綿を使ってカフェ小物を作ったことがありました。
    また、復興の関連で会津木綿を使った小物のデザインをさせていただいたことがありまして、その時に、「日本の地域にこんなに心地よい布があるんだなぁ、もっとみんなに知ってもらって、愛されるといいな。」と思ったのでした。
    日本のいろんな地域の布で、普段につかえるようなモノを作って展開できるといいなぁと思ったのです。
    そしてこの度、日本のいろんな地域の布で、手提を作って催事から展開することになりました。
    会津木綿は、日本の布を知る始まりとなった布で、スタートする時に少しでもあるといいなと思ったのです。
    大阪の阪急の催事でゴールデンウィーク期間中の展開です。
    日本の職人さんと作る道具を提案しているPINTさんのところで展開させていただきます。
    商品としては、長く愛されるものへと、育てていけたらと思っております。
    私ごとで長いメールになってしまいまして、すみません。
    ---------------------------------------------------------------------

    お客様は、ほんとに会津木綿が好きな方々です。
    しかし、明治38年創業の山田木綿織元は、いまでも旧式の豊田自動織機を使い製造しています。
    会津木綿の縞柄、無地の木綿の風合いは、だからこその風合いです。
    新しい近代的な織機では、作れないのです。
    あの柔らかさと風合いのもつ癒しの感触は、だからこそです。

    手仕事専科    http://tesigotosenka.com
    山田木綿織元  http://www.geocities.jp/hwfhb259/yamajyuaidumomen.html

     下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     

    2018年4月16日月曜日

    日本人のアイデンティティ--精麻からの麻紐つくり

    数日前に大麻博物館で、高安淳一館長と話す機会がありました。
    大麻博物館は、わが家から、車で十数分のところです。
    手仕事専科から、特上精麻の御注文があり、訪ねました。

    機械挽きの精麻
    現在は、殆どが、機械による作業です。
    スクリュータイプの
    ブレスレット
    簡単な麻から績んで作った
    ブレスレット。
    精麻(190cm)から、3本ほど
    作ることが出来ます。
    わずか数か月で3mにも育つ大麻草。
    7月には、収穫されてます。
    大麻草の皮を挽く作業です。
    これから、輝くばかりの精麻が
    つくられます。
    「こちらの精麻は、最近入手したのですが、10数年前のものです。」手触りと光沢が、異なります。
    最近の機械引きではなく手挽きです。
    すでに40年程前から機械引きは、主流ですが、それ以前は、手挽きでした。
    機械は、一様の厚さで機械速度で云わば自動的に大麻草の皮を挽いて除きます。
    しかし、手挽きは、手の感触で挽きます。
    大麻草は、その茎部分から、穂先に向かって繊維は、一様ではありません。
    細いところも頚的なところがあり、微妙に厚さが異なります。
    手挽きは、その薄いところと厚いところ、繊維の強いところと弱いところが分かります。それを手伝いで感じながら、ゆるく早く強く弱く挽くことになります。
    その為に機械引きは、ゴワゴワした繊維ですが、手挽きは、光沢があり、柔らかい繊維になります。麻紐を績むのに大麻草の繊維・精麻は、重要です。
    機械引きのごわごわした繊維と手挽きの柔らかいゴミのついてない繊維とでは、異なります。
    美しい麻の布を織るためには、手挽きの精麻が、求められます。

    インドでは、嘗てガンジーの不服従抵抗がありました。
    そのシンボル的な行為が、イギリスの機械が織る綿布を買わずに自分たちの手で織った綿布を使用することでした。
    私は、アメリカの大麻草の排除ではなく、日本の文化としての大麻を自分たちの績む麻紐で、組紐なり、麻紐を綯うことを提案します。
    大麻草の歴史は、日本の文化です。
    一説によると日本の大麻草の文化(精麻による麻布・麻紐)は、縄文時代に遡るといいます。
    その遺物が、縄文時代から発見されています。
    そのような歴史を持つと言われています。

    詳しくは、「大麻という農作物」をご覧ください。
    「大麻という農作物」 大麻博物館 著  ¥2,000 

    下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     

     

    2018年4月7日土曜日

    「お待たせしました!」--米研ぎ笊が出来上がりました(工房間方)

    手仕事専科では、マタタビの米研ぎ笊を販売しています。
    マタタビの編組細工は、この奥会津地区と近隣の山間部集落だけになります。
    その中でも奥三島地区は、高齢者の生涯学習としての取組に成功したと言えるでしょう。
    60歳代から、編組細工に取り組みます。
    手仕事専科の竹工芸には、有名な八木沢正さんや齋藤正光さんが居られますが、彼らは、一流の職人です。
    彼らの作るものは、とても高価格です。
    しかし、こちらのマタタビ編組細工は、「帆待ち」仕事として、作ります。
    だからこそ安価な価格となっています。
    手仕事の「帳合い」です。
    工房間方の菅家藤一さん。
    彼は、長年役場職員として、
    奥会津編組細工の普及に尽力して
    来ましたが、現在は、
    あけび蔓、山ぶどう皮、マタタビ細工に
    すばらしい作品を作っています。
    工房間方より届いた
    マタタビ米研ぎ笊
    優れものです。
    昨年3月以降のマタタビの米研ぎ笊蕎麦笊の御注文から、1年間もお待ち頂いておりました。
    その商品がやっと工房間方から届きました。
    50点もの御注文でしたが、なんとかお待たせする焦燥感から解放されそうです。
    お客様には順番に発送の確認を行い荷作りし送ります。
    届いた方々からは、お喜びの声を聴きます。
    工房間方にご注文のお客様は、いろいろと商品の出来上がりを吟味されています。
    その上で御注文されていますので、工房間方の商品が優れているかが分かります。
    従来は、半年~1年先で御注文を受けておりましたが、これから暫くは、お待たせせずにお届け出来そうです。
    下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     

     

    日本郵便株式会社の横暴!

    ここ数日前から、DM発送に問題が生じました。
    「ゆーメール」の後納郵便で、「手仕事の歳時記」等の郵送をしていたのですが、従来の価格では、発送できなくなったからです。
    年間大量に使用していることから、割引価格で契約をしていたのですが、4月以降は、従来よりも大幅に高くなるからです。
    それも89円だといいます。
    「え!」
    ・・・・・・「?」
    寝耳に水です。
    まして、通常の82円よりも高い価格ってあり得るの!

    担当者から、事情を聴きましたが、納得がゆく回答ではありません。
    昨年の10月以降に内部通達で、4月より新しい料金体系に変ったといいます。
    それが、89円でした。
    しかし、黒磯郵便局では、その変更の連絡さえもしていなかったのです。
    4月過ぎて、利用後に分かったからです。
    高額のパンフレット等は、従来通り安価なのですが、私の多用する25g以内のチラシ等の送付は、通常郵便よりも高いからです。
    私は、常識的にあり得ないことなので、何らかの方法がないのかと尋ねましたが、無いの一点張りでした。
    私の契約していた黒磯郵便局は、末端の郵便局です。
    上部組織には、関東支社があり、更に本社の決めた決定以外の対応はできるはずもありません。
    本部に私のような意見を伝えることはできないのかと尋ねると日本郵便株式会社には、窓口としてお客様相談サービスセンターがあると紹介をされました。

    お客様相談センターは、本社の社会貢献・CS推進室に属する組織です。
    上記の経過を説明し、釈明を求めましたが、黒磯郵便局を通じて回答しますとのことでした。
    ・通常82円で届くチラシ郵便が、なぜ、89円になるのか。
    ・従来契約取引していた私のような会社は、どう対応したらいいのか。
     (「契約をやめろ」の意なのか。)
    黒磯郵便局は、当初より「上部組織からの通達でそれ以外の対応は取れない。」と述べていますので、埒が明かないと思います。
    案の定、黒磯郵便局を通じて、おなじ回答が戻りました。
    「82円よりも高額の89円が何故か」の回答はありません。
    ・しかも価格の変更は、一切まかりならない。
    ・(お客様のクレームは)黒磯郵便局で全て対応しなさい。

    私の前身の会社でもCS運動があり、社命として対応していました。
    ホテル業では、CSは、最も大切な要素です。
    日本郵便株式会社では、末端の郵便局へ上部決定(制度)を常態とします。
    これは、通常の会社でも同じですが、私のような利用者の要望に直接応えようとはしません。
    お客様相談室センターのスタッフは、「私の回答は、日本郵便株式会社の回答です。」と言い放ちます。
    大きな組織の恐ろしさです。
    彼らは、日本郵便株式会社として、競争のない市場で好き勝手なことをしています。
    市井の中小企業とは異なる高給を手にし、何ら責任を取らないで、立ちはだかっています。
    私は、この様な動きの鈍い図体だけ大きく社会の暴利を貪るな会社を許すことはできません!
    一矢報いたいと思っています。
    「日本郵便株式会社の横暴」です。

    これらの情報から、どう対応したら良いでしょうか。
    twitter,facebook等の閲覧の方に相談します。
    良い方法があれば、教えて下さい。
    お願いします。

    下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
    下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
     


     

    2018年3月26日月曜日

    私の宝物--子どもの頃にみた世界(三浦麻梨乃の銅版画)

    手仕事専科には、美術工芸の部門があります。
    その中で銅版画家三浦麻梨乃さんの作品を紹介しています。
    web上では、昨年からのご紹介になりますが、とても素敵な作品が並んでいます。
    彼女の銅版画のテーマは、「ささやかな幸せ」です。
    それを小動物や草花に重ねて「小さな物語」を描いています。
    ---「私は、動物のしぐさや表情に癒され、勇気づけられもします。気づかぬほどに自然に繰り返す営みの中に大切なものがあると、そっと癒してくれるのです。銅版画の小さな画面は小動物のぬくもりを表現するのにとても相性がよいと感じています。」---

    私は、三浦麻梨乃の世界を10回のシリーズでご紹介しました。
    いずれも私が気に入ったテーマです。
    彼女は、福島市のご出身です。
    福島県庁がある中規模都市ですが、阿武隈川が街をながれ、周囲を大きな山々に囲まれた盆地で、近在の山間の村落の中心的な商業都市です。
    そのような環境では、これらの小動物や草花は、ふだんに彼女の周囲に見られたことでしょう。
    それが、これらの作品のテーマになりました。
    上をむいて
    ごったがえる
    そらみみ
    銅版画家三浦麻梨乃
    私は、栃木県那須地方の古くからある東山道の伊王野村(当時)という宿場町の近くに生まれ育ちました。明治初期に富山県砺波地方から、移住してきた足軽の家系です。
    父の代に砺波地方に訪ね、八田藤四郎という家系図を寺の古文書でみつけたといいます。
    私のルーツは、富山人です。
    大祖父やその兄弟達の人柄や生き様を聴くと「実直で勤勉」なそして、「浄土真宗」という信心深い血の流れを思い知ります。
    そんな自分は、彼女の小動物や草花に惹かれます。
    実直な祖父母とやさしい両親に見守られて子ども時代を過ごしたからだと思います。
    30戸の農村の”なにもない農家”でした。
    それも周囲を里山に囲まれ、家の前を合川がながれ、隣家まで500mも離れていました。
    小学校では、商家の子どももいました。
    「とろくてぼんやりの」私と比べて、「直系の早い子ども」でやはり育ちの違いが、一目瞭然です。
    それでもわが家では、居場所があり、自然に囲まれて育ったそれらの時間は、私の宝物です。
    小さな頃に見つけた小動物や草花の世界は、毎日を朝から晩まで夢中にさせる驚きの世界でした。
    それが、三浦麻梨乃銅版画の世界に画かれています。
    60有余年を生きてきて、とうに忘れていた「宝物の世界」です。

    先日、会津の凍み餅やもちころの御注文の話を書きました。
    80代のご両親へお子様が、戦前の貧しかった頃のひもじい時にご馳走だった「凍み餅・みちころ」をプレゼントする話です。
    懐かしい貧しかった頃の味です。
    三浦麻梨乃の銅版画は、忘れていた宝物の時間にタイムスリップする「魔法の作品」です。
    私の宝物、それは子供の頃にみた世界(三浦麻梨乃の銅版画)です。

    手仕事専科 http://tesigotosenka.com
    銅版画家三浦麻梨乃 http://www.geocities.jp/hwfhb259/marinomiura.html
    農産加工花菜 http://www.geocities.jp/hwfhb259/nousankakouhana.html