2018年1月17日水曜日

上を向いて---三浦麻梨乃の世界.vol-1

手仕事専科には、美術工芸の部門があります。
最近、銅版画家三浦麻梨乃さんの頁をつくりました。若手作家ですが、その緻密でぽえむ(poem)のような作品に惹かれています。
「ことばの力」に関心を持っています。
随筆や和歌、俳句などの書を読み、言葉の表現について学ぼうと思っているのですが、三浦麻梨乃さんの作品「銅版画」には、彼女の小動物に対する想いや愛情、世界観を見ることが出来ます。
上を向いて」は、彼女が銅版画家になる切欠となった処女作だといいます。
今回の「三浦麻梨乃の世界.vol-1」で取上げました。

彼女の作品紹介です。
上を向いて
学生時代に初めて銅版画で描いた作品です。画風を確立するきっかけとなりました。
視野が狭くなり井の中の蛙になっていた自分が銅版画と出会い新たな希望をもてました。
また子供の頃のように楽しく描ける気持ちを取り戻した様子を蛙の姿に当時の自分を投影しています。
「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る。」という好きな言葉があります。
「狭い世界にいるからこそ、自分の道を究めることが出来る」という意味を自分の励みにしています。
三浦麻梨乃のコンセプト」
銅版画により表現するテーマは、「ささやかな幸せ」です。それを小動物や草花に重ねて「小さな命の物語」を描いています。
私は動物のしぐさや表情に癒され、勇気づけられもします。

気づかぬほど自然に繰り返す営みの中に大切な事があると、そっと諭してくれるのです。

銅版画の小さな画面は小動物のぬくもりを表現するのにとても相性が良いと感じています。


上を向いて
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/AC-03pic/AC-03301.html
                         技法・素材:
銅版画・ハーネミューレ紙
 作品サイズ(縦×横):1
9.6×17.6cm 

額サイズ:四つ切タテ (45.4×37.8cm)
 
■作品コードAC-03301■
銅版画家 三浦麻梨乃
http://www.geocities.jp/hwfhb259/marinomiura.html
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2018年1月15日月曜日

銅版画家 三浦麻莉乃の世界

手仕事専科には、美術工芸の部門があります。
伝統工芸品をご紹介・販売する目的のサイトですが、美術工芸作家もご紹介することになりました。
先にご紹介した現代津軽こぎん刺し作家貴田洋子氏や、油絵画家片桐剛氏と同じく、銅版画家三浦麻梨乃さんもその土壌を一緒にしています。
美術工芸の美は、伝統工芸の美と通じるものがあります。
随分以前から、ご紹介することになっていましたが、やっと頁が出来上がりました。
当方の都合から、遅れてしまいお詫び申し上げます。

今回、銅版画家三浦麻梨乃の世界として、彼女をご紹介します。
50点もの作品群ですが、いずれも彼女の世界観が、作品に現れています。
野山や野原に目を投じると小さな生き物たちが息づいています。
昆虫や蛙などの両生類、小動物たちです。
彼女の作品を見ていて、ビアトリクス・ポターのピーターラビットを思い出しました。
ポターの子供の頃の兎や小動物の世界です。

「ささやかな幸せ」。
見ていると小動物たちの世界を私たちに楽しく 思い起こさせてくれます。
誰もが過ごした子供の頃の体験からの思い出です。
蛙や昆虫たちを追いかけ回して、一日遊んでいました。
もう、遥か昔のことで忘れてしまったでしょうか。
私の好きな作品を数点ご紹介します。
次回からは、シリーズで、彼女と作品群をご紹介しますので、
お楽しみにしていてください。

銅版画家三浦麻梨乃のコンセプト
銅版画により表現するテーマは、「ささやかな幸せ」です。
それを小動物や草花に重ねて「小さな命の物語」を描いています。

私は動物のしぐさや表情に癒され、勇気づけられもします。
気づかぬほど自然に繰り返す営みの中に大切な事があると、そっと諭してくれるのです。
銅版画の小さな画面は小動物のぬくもりを表現するのにとても相性が良いと感じています。

手仕事専科 http://tesigotosenka.com
銅版画家 三浦麻梨乃 http://www.geocities.jp/hwfhb259/marinomiura.html


お見合い
額サイズ
 八つ切ヨコ (27.2×33.3cm)
 ■作品コードAC-03704■
かくれんぼ
額サイズ
 八つ切タテ (33.3×27.2cm)
 ■作品コードAC-03403■
上を向いて
額サイズ
 四つ切タテ (45.4×37.8cm)
 ■作品コードAC-03301■
銅版画家 三浦麻梨乃
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2018年1月10日水曜日

my Favorite's 会津木綿から創るマフラー

最近の私の心ウキウキは、会津木綿から創ったマフラー(ポーチ付)です。
手仕事専科で会津木綿は、人気です。
山田木綿織元の織る会津木綿は、御注文に間にあわないほどですが、そのカラフルな縞柄とゴワゴワ感の綿布を気に入っています。

先に「和美空間ブログ」で2日でつくるストールとして、ご紹介しましたが、全て作り終わりました。
商品として製作しましたが、身に着けたくてたまりません。
春になったら、もう良いでしょう!
満を持して、御洒落をたのしもうと思っています。
画像でご紹介いたします。
詳しくは、山田木綿織元のhpに載せています。
山田木綿織元 http://www.geocities.jp/hwfhb259/yamajyuaidumomen.html#stole
手仕事専科   http://tesigotosenka.com

私の好きな8種類の会津木綿布
・ストールロング №001   ¥5,800
 縞№592
 
巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-01■
 
・ストールロング №002    ¥5,800
 縞№817
 
巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-02■
 
・ストールロング №003    ¥5,800
 縞№810
 
巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-03■
・ストールロング №004    ¥5,800
 縞№574
 
巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-04■
・ストールロング №005    ¥5,800
 縞№580
 
ストール:巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-05■
 
・ストールロング №006   ¥5,800
 無地№205
 
ストール:巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-06■
 
・ストールロング №007    ¥5,800
 無地№226
 
巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-07■
 
・ストールロング №008    ¥5,800
 無地№304
 
ストール:巾35cm×長180cm
 ■商品コードA-23022-08■
 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2018年1月8日月曜日

手仕事の継承-会津塗

手仕事専科は、今年の4月で、第9期のスタートとなります。
手仕事の継承を目的に手仕事の紹介と商品の販売を行ってまいりました。
私の経験が、大きな助け・力になりました。
ホテルの企画担当でしたが、下野手仕事会の方々とのお付き合いができ、恩師ともいえる尾島利雄先生の薫陶を受けました。
また、子どもの頃から、祖父の見よう見まねで、「ものを作ること」に親しんでいました。
そして、美しいものを愛する嗜好・DNAです。
自分の思考の中に富山人のものの考え方や対応の仕方を感じています。
代々続く祖父や祖母の生き方から培われました。
それらが、ホテルマンの30年の経験を経て、スタートの基になりました。
30年かけて、作物栽培の床が、出来ていたことになります。

手仕事専科を創業し8年間の間にいくつもの工房が、廃業であったり、事業形態が変わり、御取引が出来なくなりました。手仕事の継承を目的にしていましたが、その難しさを身近に見てきました。
廃業の理由には、幾つかあります。
1.職人の高齢化により、家業としての継承者がなく、廃業となる。
2.環境として、顧客の減少が、そのまま経営難となり、継続が出来なくなる。

 最近、会津塗の老舗との取引が、出来なくなりました。
取引中止は、事業形態の変更が理由でしたが、一番の理由は、経営問題でした。
大きな資産を持っている会社ですが、高齢となった社長は、漆器部門を自分の代で終わらせるといいます。ご子息が、漆器が好きでなく、「自分の代では、遣らない。」というのが、一つの理由です。
江戸時代に創業しているこのお店は、会津漆器の老舗です。
昔からのお店の設えも立地も素晴らしい。
けれども、事業縮小となりました。
歴史と伝統「ブランド」は、大きな財産です。
裕福に育った後継者の方は、その価値を知らないように思います。
一番大切な「後継者の育成」を間違えたようです。
ひとは、環境になじみます。
温々と育つと周囲の荒波がわかりません。
ご先祖の方がどれほどの困難辛苦を経てこの「会津漆器」を伝えてきたかを。
私の前身は、ホテル事業「経営コンサルタント」です。
ホテルを主体とした企業の経営指導を行う会社です。
つぶれる会社には、理由があります。
当人は、気付きません。
経営コンサルに相談してくる会社の一番の問題は、その社長ご自身です。
「従業員を改革してくれ」といいますが、社長ご自身が変われば、すぐに良くなるのです。

廃業となる伝統工芸の理由は、2.でもあるのです。
残念です。
取って代わって運営できないかと思いますが、社会的な保護・支援制度が必要に思います。
そして、私たち社会の意識が、変わることです。
日々変化し荒海ともなる経済活動を制御することです。
美しい自然を残すためにそれらを社会が利用し、それらの中で生きる術・方法を選ぶことです。
そのコストは、私たちが負担します。
100円ショップの商品ではなく、美しい伝統の価値ある商品を利用することです。
それは、社会の責任であり、私たちが行えることです。
いくつかの素晴らしい会津塗をご紹介します。
漆器工房鈴武 http://www.geocities.jp/hwfhb259/suzutake.html
・縄文一汁三菜根来                    
¥30,000  
径13.3cm×高12.5cm
 ■商品コード A-01066■                 

注文(メール)
http://www.geocities.jp/hwfhb259/suzutake.html
会津絵 吸物椀(内金地)  (5客)     
¥459,400 
Φ12.0cm×高11.0cm
■商品コード A-01512■

http://www.geocities.jp/hwfhb259/suzutake.html
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 
 

2018年1月6日土曜日

精麻のこと

手仕事専科では、大麻草からつくる精麻が、人気です。
現在は、精麻という言葉を知らない方が、殆どでしょうか。
戦前までは、25万戸もの大麻草生産農家がありましたが、現在では、40戸となります。
戦後のアメリカの統治(占領政策)が、もたらした結果です。
アイデンティティのない民は、私たち日本人のことです。
死を賭して戦うイスラム国がまだ、民族的にはアイデンティティを持っています。

大麻草の歴史は、縄文時代以前に遡ります。
神話の時代に東南アジアを経て日本にもたらされ、飛鳥奈良平安時代へ麻が、穢れを祓う神事に使われてきました。
麻は、波動が良いと言われます。
わずか数か月で3mにも届く大麻草の力は、はるか古代人には、驚異に映ったものと思います。

「大麻草の皮からとれる靱皮を研ぎ澄まし、輝くばかりの繊維を 精麻 といいます。
日本人が昔からと呼び、生活を支える基本素材として使われていた日本古来の麻・大麻の本領はこの精麻にあり、神道ではこの繊維こそが清めの本質として今でも使われています。
水で身を清める禊ぎはよく知られており、今も神社の入り口にある手水舎は簡易な形で身を清めるものですが、より強い禊ぎを行なうためには海浜の塩水を用います。その考えから清めの塩があり、いまでも塩を用いる清めはよく知られております。それらで祓えないものを祓う本質的な清めを行なえるものが日本古来の麻・大麻の繊維です。」

それらの精麻からつくる、麻紐や麻のアクセサリーを身近において、穢れを祓う具としています。
麻の生産農家は、少なくなりましたが、栃木県鹿沼市にある粟野地区では、今でも多くの麻生産農家があり、全国の8割以上を生産しています。

手仕事専科野州麻紙工房大麻博物館野州大麻麻の葉工房は、鹿沼で生産された麻を使っています。
 正月を迎えて、アクセサリーを作る方や、身に着けるために、あるいは、家の穢れを祓う具として、求められています。
それらの商品をご紹介します。

・祝い大麻飾り(いわいおおぬさかざり) 
¥27,500
  h120cm ■商品コード S-32023■          
注文(メール)
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/s-32pic/s-32023.html
●これらの縁結びは、手首や  足首に使用します。
●神社の鈴の紐は、麻である
 ことをご存知でしょうか。

大麻博物館
http://www.geocities.jp/hwfhb259/taimahakubutukann.html



●野州大麻(おおぬさ)        ¥45,000
 台39cm×24cm×h3cm
 高100cm(収納時)
 材料 野州大麻(幣)
     野州麻紙(幣頂部)
     野州檜(祓串・台座)
■商品コード S-33001■
            
購入
http://www.geocities.jp/hwfhb259/oonusa.html


・ネックレス 二重                  
¥3,000  
Φ27mm×h6mm・麻紐100cm
 ■商品コードS-36001■
            
ご購入
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/s-36pic/s-36001.html

 
・ブレスレット  ¥1,500
 麻紐18cm~24cm(1cm毎)
 ■商品コード  S-36006■
           
ご購入
 ご注文の際は、1cm単位で承ります。
 一般女性の場合、19cmが、一般サイズになります。

http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/s-36pic/s-36006.html
・精麻(特上)             
¥750
 長さ 1.9m × 1束
■商品コードS-32020■                 

注文(メール)
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/s-32pic/s-32020.html

 
麻畑の収穫風景
7月末~8月
大凡、3mにまで、成長します。
麻引きの風景
大麻草の茎の表皮から、
精麻を取り出します。
乾燥中の精麻
黄金色に染まった精麻は、美しい。
・精麻(束) 1Kg               
¥30,000  丈 約1.9m
 (100~150束)
 ■商品コード  S-19057■
・精麻(束) 0.5kg              
¥16,000  丈 約1.9m
 (50~70束)     
 ■商品コード  S-19057-2■ 
     
注文(メール)
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/s-19pic/S-19057.html

 下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

 

2018年1月1日月曜日

2018年度の抱負-手仕事専科

2018年元旦
手仕事専科は、今年の4月1日から、第9期となります。
昨年は、自分自身の体調「病み上がり」から、営業活動が随分と滞りました。そのためにお客様に情報の提供が適宜に出来ずご迷惑をお掛けしました。
このブログを借りて、お詫び申し上げたいと存じます。
平成30年は、満を持しての活動スタートとなります。

昨年は、お二人の若い起業家と出会いました。お二人とも日本の伝統文化を海外に紹介、販売する目的で起業しています。
海外販売は、私の構想にはありましたが、時間だけが過ぎてしまい、もう時間が残されていません。海外への販路は、彼らとのタイアップ、アウトソーシング「外部委託」で対応出来そうです。結果オーライでした。他には、御注文・受発注のパソコン作業は、アウトタスク「外部(作業)委託」も可能です。仕事は、如何に多くの人々の支援によるかです。

私の提唱する「和美との生活」は、「美」について言えば、Japanese 及び、traditional には、拘ってはいません。
 しかし、伝統的な物(その価値)が埋もれ、社会から消えつつある現状では、拘らずには、いられません。厳密に言えば、「Life-style of Japanese traditional beauty 」 になるでしょうか。広義には、世界中の「伝統」「美」に拘りながら、活動してまいります。

手仕事専科のお勧め工房・商品は、多岐にわたりますが、「Only one」・「価値力ある」商品を持つ工房が、販売には優位ですし、また、実績としても売れています。その商品情報が、メディアを通じて、流れただけで、大きな販売になります。
ここ数年では、宮本工芸網代編手提巻手高倉工芸の南部箒工房間方のマタタビ米研ぎ笊
日光下駄野州麻紙烏山和紙「ランプ」・・・・。
少しずつですが、メディアに出るとその都度、ヒット的な御注文になります。が、網代編手提巻手南部箒は、走者一掃のホームランでした。

私の提唱する「和美との生活」「手仕事専科」は、物売りではありません。伝統、歴史、その価値を伝えることが、仕事(使命)です。平成30年度は、 しっかりと伝統的商品のもつ伝統と良さとを伝えて行きたいと思います。

それらの商品を画像でご紹介します。
ご覧ください。


http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/t-15pic/t-15019-5.html
(有)宮本工芸
網代編み手提巻手(2分幅)
網代編手提巻手              
¥220,000  
横33cm×巾12cm×高25cm
 材 山ぶどう(2分巾)
 ■商品コード T-15019■          

注文(メール)
麻紙から作られたランプ
吊ランプ 丸3号  
¥21,000  
径40cm
 ■商品コードS-19052■
       
 注文(メール)
野州麻紙工房
大麻草畑。
これらの大麻草から、精麻が挽かれます。
わずか数か月で3mにも育つ大麻草。
・小箒   
¥30,000
 サイズ 長さ80cm 巾約25cm
 ■商品コードOT-08002-2■
       

注文(メール)

 右近型 7寸5分 
一般鼻緒
商品コードS-093002
¥25,000

注文(メール)
あかり「かすみ(M)」  
¥21,000
 サイズ 外径20~21cm
 ■商品コード S-13030■
 
あかり「かすみ(L)」  
¥38,000
 サイズ 外径30cm
 
■商品コード S-13031■
注文(メール)
・マタタビ米研ぎ笊 中
¥7,500
 径24~26cm×高15cm

 (2~3合炊き用)
 材 マタタビ
 ■商品コード A-21202■  

注文(メール)
 下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2017年12月29日金曜日

いまどきの”あけび蔓手篭”----自分へのご褒美!!

X’masをすぎて、宮本工芸のあけび蔓手篭の御注文が相次ぎました。
それぞれにご自分用ですが、X’masプレゼントでしょうか、「友人の持っているものと同じ物」や「以前から見て気になっていたけれども、とうとう注文します。」だとかですが、webを探して手仕事専科の津軽の宮本工芸に辿りつきました。
宮本工芸のあけび蔓手篭は、その確りとした編上がりが定評です。御注文がお客様の手元に届いた時に必ず「感嘆の声」が届きます。
通常のあけび蔓手篭の定番は、小判ホラ編(中)や薄型ホラ編みリング手(中)などですが、今回はお洒落な形の手篭でした。
 細目こだし編1尺(間口サイズ横36cm×マチ19cm×高26cm)や角並編み手籠でした。
「自分へのプレゼント」ですから、拘りの一品(逸品!)です。

私自身も最近は、「自分へのプレゼント!」を想うようになりました。
長年しっかり働いてきて、「御苦労さん!」の開き直りです。
その意味では、食べるものも身に着けるものも拘りが増えました。
より良いものに変りました。
趣味のダンスや書道も残された「とき(時間)」を有意義に過ごしたい、好きなことに時間とお金を掛けてもよい!という気持ちです。
長年の質素な生活から、「贅沢?」の想いが、よぎりますが、無駄とは思いません。
「自分へのご褒美!」です。

手仕事専科を通じて、お客様のご要望に応えること、御注文に満足して頂き、お役にたてることに喜びと感謝を感じています。
(通常納期)
・ホラ編手篭  在庫有り商品、もしくは、1カ月~3カ月
・細目こだし編み手籠  6か月~1年、1年~2年先(大きさによる)
小判ホラ編(中)         
¥15,500
 横30cm×巾15cm×高20cm
 材 あけび蔓
 ■商品コード T-15038■
      
 ▶購入する
薄型ほら編みリング手 中
        ¥17,000
 巾
33×15×22
 材 あけび蔓
 
■商品コード T-1500b■

▶購入する
 
細目こだし編み1尺
¥28,200
36×19×26
 材 あけび蔓
 ■商品コード T-15-001■

▶購入する
 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 
 
 

2冊目の会津木綿見本帳-ろ版

手仕事専科では、会津木綿を取扱っています。
明治時代には、35社ほどあった織物工場でしたが、現在では、2社を残すばかりとなりました。その一つが、山田木綿織元です。
山田社長は、この道50年にはなるのでしょうか、木綿染織物業界で培って来られた技術と販売力で、会津木綿(山田木綿織元)の販売に奮闘されています。

会津木綿の人気から、御注文に間にあいません。
現在使っている豊田自動織機を新しい近代的なものにし、御注文衣対応されてはと思いますが、新しい織機の能力からでは、採算が取れないといいます。
豊田自動織機は、独特の風合いと綿糸を特徴としますが、それが、無くなってしまい、他の木綿布と変わらなくなってしまうからです。
明治時代から、使い続けているこの旧式の豊田自動織機をつかいつつ、効率的な運営を求めることになります。

山田社長に伺うと綿布の柄は、200を超えます。
しかし、通常流通しているものは、50~100柄位になります。
織りの工程では、簡単に織れない生地があるのです。
・糸(縦糸)の整経では、「なかなか揃えられない糸があり、暫く織ることが出来ないですね。」「お客様に待たせてしまうので、むしろ、お断り下さい。」と言います。
※350mの縦糸に横糸を織り込みます。柄となる縦糸の整経が重要となります。
  この縦糸に横糸で織り込むのです。ですので、同じ柄ではあっても、赤系、青系と横糸で異る布生地となります。織ることで350mの縦糸だったものが、300mの長さになります。
・品番から作る余裕がなく、ご注文に応えられません。そのため、一応、織る予定のあるものは、
 1~2カ月先の納品で受注します。
 かと言って、その予定通りには、行きません。
 旧式の織機のために故障もしょっちゅうです。1週間の遅れは、日常茶飯事です。
 お客様は、そのような状況を知りませんし、ご説明できない部分もあり、納品が、更に伸びてしま い、お叱りを頂戴することになります。
丁重にご説明しお詫びいたしますが、それが、私の務めとなります。それでもご理解いただけると「言いすぎました。」と仰られて、安堵しています。
随分と改善されてまいりました。

現在、会津木綿見本帳は、2版目に入りました。
山重会津木綿見本帳-ろ版です。
この見本帳は、とぴい工房で揃えています。
有料となりますが、人気です。
少しでも本物の風合いと色味を知ったうえで、御注文を頂けるようにはからいました。
会津木綿見本帳-ろ版をご紹介いたします。
                        
2冊目の会津木綿見本帳
(左)ろ版 (右)い版
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/A-23pic/A-23101-01.html
山重・会津木綿見本帳-ろ版
http://www.geocities.jp/hwfhb259/pic/A-23pic/A-23101-01.html
・会津木綿見本帳 山田木綿織元・ろ版(50種類)
  30部限定製作                                      
 ¥1,500
  巾18.5cm×丈6.5cm
 ■商品コードA-23101-01■
     注文(メール)
 ■送料は、定形外郵便で発送いたします。
  全国一律 205円 
明治35年当時からの
豊田自動織機
幾多の年月を超えてきた素晴らしい織機です。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

 

2017年12月23日土曜日

津軽こぎん刺しの「タペストリー」

津軽には、すばらしい伝統工芸が沢山あります。
津軽こぎん刺しが、そのひとつですが、現代津軽こぎん刺作家貴田洋子氏は、そのこぎん(小布)に魅せられた方です。
すでに、手仕事専科では、「現代津軽こぎん刺作家貴田洋子]として、ご紹介しています。
11月8日、改組 新 第4回日本美術展覧会(平成29年度)国立近代美術館に彼女の作品を見に伺いました。
「津軽古布・赫きの舞(つがるこぎん・かがやきのまい)」。
いつもの彼女の作品に新しい木綿布からの糸を刺し、異なる作風の作品に仕上がっていました。
製作中にみたものよりも額装され、正装した作品です。
その後、彼女を囲み作品のことや販売についてお話ししました。
「日展や個展の多くの作品は、素晴しいけれども、価格的に容易に購入されることは難しい。
より、ポピュラーな形で作家紹介に繋がるような作品(商品)を創られてはいかがでしょうか。
それらの商品(作品)から、貴田洋子が、身近な作家として、知られることになるでしょう。
引いては、それらの大作品も求められることに繋がるでしょう。」といったことになりました。

それが、今回のタペストリー制作となりました。
彼女は、来春の出展作品制作があり、すでに構想が出来ている2点の作品をその前に刺してくれました。彼女の意気込みが伝わってきます。
作家の心意気があり、商品ではなく作品をということから、「売れるもの」に抵抗があったものと思います。
私の「作品販売」は、作家のご紹介です。
現代津軽こぎん刺作家、貴田洋子の紹介は、引いては、作品販売に繋がるからです。
良いものは、それが作品であれ、商品であれ、必ず道を見つけると思っています。
その手助けが私の「手仕事専科」webciteの役割です。
作品を前に
貴田洋子氏
彼女の作品に集う
津軽 赤い秋         ¥130,000
 麻布・もめん糸刺し
 吊るし:アクリル棒・紐付き
  90cm×40cm 
 ■作品コード AC-04401■
津軽 白い冬         ¥130,000
 麻布・もめん糸刺し
 吊るし:アクリル棒・紐付き
  90cm×40cm 
 ■作品コード AC-04402■
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

 

2017年12月14日木曜日

象嵌細工・いわての夢工房

手仕事専科には、陸奥の伝統工芸品がおおくご紹介されています。
私が、ホテルに関って30年程になりますが、その半分を津軽や福島・会津で過ごしました。
東京でのシティホテル勤務を望んでいましたが、遠く津軽に出向したときには、都落ちの屈辱を想ったものです。
しかし、「脇に道あり」の理がありますが、感謝でした。
当時も今も未だに未熟者ですが、一生懸命に足元を見ていると路が見えてきます。
陸奥は中央から、遠く離れていることが、特徴です。
それが、魅力です。
象嵌細工の夢工房は、南部・花の巻の木工品です。
師走を迎えて、御注文で賑わっています。
特徴的な商品をご紹介しますので、ご覧下さい。
夢工房
黒壇箸 雅 
 
w0.9cm×d0.9cm×l22.5cm
 素材 : 黒檀、あわび貝                 

  ※化粧箱入り
黒壇箸置き 
W4.5×D2.5×H0.9cm
  素材 : 黒檀、あわび貝
 ※PP袋入り
木象嵌掛け時計         
W28×D2.5×H28cm
 素材 : タモ、アガチス、マコーレ、貝
 ※クウォーツ、単三乾電池1本付 1年保証
  ※化粧箱入り
 ※日本製
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ