2020年3月20日金曜日

人気の(有)斎藤産業のミラクルロール「マスク」Vol.001

世の中は、コロナウィルスの話題で持ちきりです。
TVをひねるとどのニュースでも同じような話題にあふれています。
政府は、マスクの増産体制をコメントしていますが、近くのコンビニやスーパーの棚には、いまだに並んでいません。
手仕事専科斎藤産業「ミラクルロール」には、絹で作った「マスク」があります。
全国区の商品となりました。
染付の8色があるのですが、折からのマスク特需で、約1週間まちで納品できています。
・何度でも洗える。
・ミラクルロールの特性「保温効果」がある。
  コロナウィルスは、熱に弱い。
・耐用性からみると安価。
[マスク]婦人・紳士兼用フリー

ミラクルロールは、保温効果を特徴とするサポーターです。
下記にご紹介します。
[お腹・腰]婦人・紳士兼用ベリー
[膝・ふくらはぎ]婦人・紳士兼用(ニー)
ミラクルロール
●綿40%、絹27%、
指定外繊維(羅布麻)25%、
ポリウレタン8%
        実用新案登録:登録第3147074号
ミラクルロールの収縮性を説明する
齋藤捷一氏と明彦専務(左)

齋藤産業   http://tesigotosenka.com/miracleroll.html
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
---------------------------------------------------------------------------
齋藤産業は嘉永元年(1848年)創業の絹織物の機屋(はたや[屋号:湊屋])です。現在、4代目となる織師齋藤捷一氏が、絹織物のさらなる可能性を追求するため、世界的有名なデザイナーのパリコレでの生地提供を始め、「JFWジャパンクリエーション」などへ意欲的に出展するとともに、独自の技術で織り上げ、縮めた「ミラクルロール」を開発しています。ミラクルロールは、斎藤産業が、独自に県機関と提携して開発した素材による織物です。
野生の繊維の王様と言われる「羅布麻」のもつ、面の柔らかさ、絹の通気性、抗菌性。そして、独特の光沢、肌に優しい保温性と吸湿性・放湿性をもつ絹と織りあげられています。「ミラクルロール」は、これら「羅布麻」と「絹」のもつ自然素材の特徴を生かし、インナーウェアに欠かせない快適性を追求しました。
絹の柔らかさ・麻の通気性・抗菌性を持つ「羅布麻」と、独特の光沢と柔らかさ・軽さをもつ「絹」を織りあげT開発された「ミラクルロール」。その織り上げた生地をポリウレタン糸によって、約1/9に縮ませることで、圧縮された繊維と繊維の間の無数の隙間に、体温で温められた空気を閉じ込め、天然繊維ならではのムレのない自然な暖かさを保ちます。また、生地を縮ませることで程よいストレッチ性が生まれ、さまざまな動きに対応します。さらに天然の抗菌性により、お子様やご年配の方にも一年中快適にお使いいただけます。
----------------------------------------------------------------------------
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年3月17日火曜日

我流趣味の切り絵作家萩田紀之の制作風景.Vol002

手仕事専科には、我流趣味の切り絵作家萩田紀之氏がいます。
制作を始めて、8年になるといいますが、この度、制作風景の写真を頂戴しました。
ご紹介します。

我流趣味の切り絵作家萩田紀之
彫刻刀で小さな切込みを入れます。
緻密な作業です。
切込みを入れた空間に色を付ける作業。
裏側に切込みにあわせて色紙を
貼り付ける作業です。
根気のいる作業と思います。
こちらが裏面から見た
切り絵になります。
我流 趣味の切り絵作家 萩田紀之 http://tesigotosenka.com/garyukiriehagitanoriyuki.html#modoru 
手仕事専科 http://tesigotosenka.com
ハーレーダビットソン
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45112.html
カルマンギヤ 
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45135.html
♨まんじゅう明治屋 (黒磯駅前) 
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45128.html

・板室温泉の風景 那須塩原市
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45105.html
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年3月6日金曜日

我流趣味の切り絵作家-萩田紀之Vol.001

手仕事専科では、切り絵作家の萩田紀之氏をご紹介しています。
初めて、彼の作品を拝見して、驚きました。
これほどに緻密で彩色を施した切り絵があることと知りませんでした。
早速、お会いして制作のことを伺いましたが、工房名に「我流」「趣味の切り絵」とあるように8年ほど前に切り絵を知り、創作を始めたといいます。
作り方を学び、後は、我流で始めました。
手仕事は、センスといわれるものが、関係します。
(有)宮本工芸の武田さんは、蔓細工の上手い人は、初めから上手いといいます。
切り絵も同じです。
その意味で萩田さんは、センスをお持ちでした。
手先の器用さもあったほうが良いでしょうけれども、画像の配置や彩色は、別物です。
美的感覚・感性がないと教えて身につくものでも無いでしょう。

8年になるといろいろな方からの制作依頼が入りました。
市からは、市内道の駅「明治の館青木邸」の依頼となりました。
素晴らしい出来上がりです。
ご紹介します。

我流 趣味の切り絵作家 萩田紀之 http://tesigotosenka.com/garyukiriehagitanoriyuki.html#modoru 
手仕事専科 http://tesigotosenka.com

ハーレーダビットソン
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45112.html
カルマンギヤ 
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45135.html
♨まんじゅう明治屋 (黒磯駅前) 
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45128.html
・板室温泉の風景 那須塩原市
http://tesigotosenka.com/pic/S-45pic/S-45105.html
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年3月3日火曜日

三の顔をもつ加地慶子

以前から存じ上げておりましたが、先日加地慶子氏とお会いしました。
facebookは、その当時からのお友達になります。
しかし、最近『美肌湯パック』として、facebookの投稿欄に見かけました。
彼女は、いろいろな展示会場で、『美肌湯パック』を紹介しています。
その熱心さから、facebookでは、良いね!が、溢れていました。
加地慶子氏は、ずいぶん前に一度お会いしていました。
その時は、発明グッズのご紹介が目的でした。

加地慶子氏は、三の顔を持ちます。
1.ポーラ本社販売開発部社員
2.小説家 加地慶子
  三田文學新人賞佳作入選。
   「三田文學」に小説、評論(小川国麻夫論、秋山駿論)、書評等。
   「ミセス」に「日本語を知る」他を連載。新潮社より
     『書きつづけて死ねばいいんですー駒田信二 の遺した言葉』出版。
  同人雑誌「まくた」の活動に創刊以来携わる。
     
3.発明家 
     日本発明学会に所属。
  今回の『美肌湯パック』は、特許出願済です。
  意匠登録 第1506502号

昨日、美肌湯パックOriginal KAJIのページが、完成しました。
商品説明のリラクゼーションが、私の専門でないことから、難しく感じましたが、それなりにまとめることができました。
加地慶子さんのヒアリングから得た知識です。
加地慶子さんに見ていただきましたが、気に入っていただけたようです。
これから、沢山の方々にこの商品を紹介してゆきます。

美肌湯パックOriginalKAJI   http://tesigotosenka.com/originalkaji.html
美肌湯パック   http://tesigotosenka.com/pic/S-42pic/S-42001.html
取扱説明    http://tesigotosenka.com/pic/S-42pic/S-42-002.html
手仕事専科  http://tesigotosenka.com  
美肌湯パック
1個売り
2個売り
一日の仕事の緊張や疲れからストレス、
肩凝りなどが現代病です。
入浴時間は、そのストレスから
解放される時間となります。

明日の活力の為に自分で出来る美肌湯パック
リラクゼーション効果を得て下さい。
●家で●オフィスで●お風呂で●ソファーで●ベッドで
お湯で温めた「美肌湯パック」をお顔に約1分間乗せるだけで、
簡単にリフレッシュ。
(45℃以下のお湯に浸し絞ります。=ひと肌の温度)
ミセス発表時代の加地慶子氏
「ミセス」に「日本語を知る」他を連載。
文筆家の時代
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年2月3日月曜日

伝説の柴谷浩二氏の亀ヶ岡遮光器土偶

手仕事専科には、柴谷浩二氏の夢野工房があります。
柴谷浩二氏は、伝説の縄文の語り部として、知られています。
高校生の時に旧木造町に出土した「亀ヶ岡遮光器土偶」に魅せられました。縄文の知識を得て、亀ヶ岡遮光器土偶を作り始めました。
12500年も続いた縄文時代。
その後の現代に続く時代は、僅かに2500年。
彼の語る縄文時代は、魅力的な世界です。
その後、彼の作った亀ヶ岡遮光器土偶は、中国で行われた世界UFO学会で、使われたといいます。また、その土偶を穢れを祓う具として、20体ほどが、日本各地に埋葬されています。
土偶とは、もともと、穢れを祓う災いから身を守るものとして、使われていたといいます。

そのような縄文のカリスマ柴谷浩二氏の作る亀ヶ岡遮光器縄文土偶が求められています。
ご紹介します。
亀ヶ岡遮光器土偶(実寸)です。

夢野工房        http://tesigotosenka.com/doguu.html
亀ヶ岡遮光器土偶   http://tesigotosenka.com/pic/t-02pic/t-02906.html
手仕事専科      http://tesigotosenka.com
亀ヶ岡遮光器土偶(実寸)
正面像
亀ヶ岡遮光器土偶
背面像
------------------------------------------------------------------
縄文時代の不思議。
・1万年以上の持続性は世界的にも稀有。
・戦争の形跡がない。
・ゴミ捨て場と言われている貝塚から、人の遺体も見つかる。
・縄文土器には過剰な装飾があり、現代の視点からは使いづらいことこの上ないが、日用品だった。また、その造形が何を意味し、何のためなのかが解明されていない。
・絵画が他の文化に比べて極めて少ないというか殆ど見つからない。
・奇抜な造形の土偶が何のためのものだったのか、全くわからない。
・どのような信仰があったのか、信仰があったのかすら不明。
・家の入口の真下に、子供の墓を作る。
・使い方すらわからない道具が多数発見されている。
・農業を行わないどころか、井戸すら掘らない。
・直径1メートルを超える木を多数立てた形跡が残っているが、何のためのものかわかっていない。
・1万年以上続いたにもかかわらず、なくなってしまった理由が不明。
------------------------------------------------------------------------
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年2月1日土曜日

あけび蔓細工職人の高齢化-宮本工芸

(有)宮本工芸は、手仕事専科の工房です。もう随分と長いお付き合いです。
私が津軽に来たのは、平成7年3月29日、星と森のロマントピアへの赴任でした。
着いた早々に相馬村の山内村長はじめ重鎮の方々に紹介され、鍛冶町の料亭に繰り出しました。
言葉は、殆どわかりませんでした。
イエスかノーだけですが、雰囲気から相槌を打っていました。
それから、7年間お世話になりました。

宮本工芸さんのあけび蔓手篭は、弘前こぎん研究所の成田所長よりご紹介いただきました。その頃に弘前五人会なるものがあり大変お世話となりました。
本来は、私のような転勤族の者は、会員には成れないのですが、認めていただきました。その人脈が、私の津軽の伝統工芸品の販売に繋がりました。
弘前工芸協会の望月理事長と成田事務局長のお世話で会員の皆様にご紹介いただいたことが切欠です。

それから、10年が過ぎます。
手仕事専科は、160程の工房を数えますが、その間に随分と工房が廃業となりました。
一番の原因は、後継者がいないことです。
長年の経験と家工房があり、細々ながら続けてきた手仕事ですが、この生業を息子さんに継がすことができません。
親子二人が生活できる収入は、得られないからです。
子供を学校に通わせられないのです。
息子さんは、サラリーマンにならざるを得ません。
しかし、親父が引退する年齢70代になっても今更、サラリーマンの収入を捨てて継ぐことはありません。
技術の習得も営業的にも成り立たない時代と変わりました。

最近、宮本工芸でも廃盤商品が、増えました。
それを編上げる職人が、高齢化から、居なくなったことによります。
宮本工芸では、子飼いの職人も高齢化が進んでいます。
近隣のリンゴ農家のあけび蔓細工を行う方々も高齢化から、辞めてゆきます。
2011年のNHKBS『美の壺』でご紹介された網代編手提巻手(2分幅)の際にTVでご紹介された葛西あきらさんもその後に高齢化から、作る篭の数がめっきりと減りました。
そして、今はもう作れなくなりました。
当時のTVを見て、葛西さん作の網代編手提巻手をご注文された方々は、沢山おいでです。
残念ながら、御断りをせざるを得ません。
手仕事は、人が営む仕事です。
継承には、後継者が必要です。
円滑に行われることを願いますが、社会は、変革しています。
同じ環境で、そして同じ社会では、難しいですね。
2012年の6月15日ですが、宇都宮東武デパートの青森山形宮城物産展で葛西あきらさんにお会いしました。
その際のスナップです。

手仕事専科          http://tesigotosenka.com
宮本工芸           http://tesigotosenka.com/akebituru.html
網代編手提巻手(2分幅) http://tesigotosenka.com/pic/t-15pic/t-15019-5.html
網代編手提巻手(2分幅)
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ 

2020年1月27日月曜日

弘前城公園のふくろう。-下川原焼土人形

とても楽しい話から、ブログにしました。
先日、お雛様飾りのご注文を頂戴しましたが、その方とのメールの遣り取りから、ふくろうのお写真を頂戴しました。
可愛らしいふわふわの子どものフクロウです。
お写真をご覧ください。
弘前城は、バードウォッチングもできるほどに自然の残っている公園です。
植物園もあり、ハンカチの木もありました。
その弘前にご縁のあるお客様に感謝です。

私は、平成7年から7年間、中津軽郡相馬村の(一財)星と森のロマントピアにプロパーとして、日本ビューホテル事業(株)から、出向していました。
その折に3回引越しをしています。
最初は、鉄炮町のグロリア初穂、次は、相馬村営のソーラーハウス、そして、桔梗野の渋江住宅です。
いずれも「あずましい」住居でしたが、弘前といえば、東北一の歓楽街「鍛冶町」が有名ですが、他にも面白い地名が、沢山あります。
藍内、青女子、門外、金属町、萱町、大清水、紙漉沢、大工町、・・・・と切りがありません。

手仕事専科には、下川原焼土人形が、あります。
私のサイトでは、阿保正志さんの下川原焼土人形を紹介していますが、他には、高谷下川原焼土人形製陶所7代目高谷智二氏が、おられます。
これから、桃の節句を迎えます。
人気のお雛様飾りセットです。

手仕事専科    http://tesigotosenka.com
下川原焼土人形 http://tesigotosenka.com/sitakawarayaki.html
お雛様セット
セット大
セット小
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2020年1月22日水曜日

下川原焼土人形のお雛飾り

手仕事専科には、下川原焼土人形があります。
津軽の伝統工芸品になりますが、歴史は古く『初代高谷金蔵は弘前の津軽藩士の家に次男として生まれ、壮年にして九州筑前に渡り製陶の技を学び文化の初年 南郡大沢村(現.弘前市大沢)に本窯を築き独力で製陶に従事、専ら飯碗、徳利、水滴等日曜雑器を造っていたが、 当時気候の関係上雪中は今のような暖房装置がないため作業不可能であった。その為冬季間の仕事として鳩笛や 土製の人形類、即ち3月節句人形、5月武者人形、唐子其他土地風俗を取り入れた笛付人形、アンコと称する小物、 玩具等製作を続けてきた。』と縁起にあります。
3月の節句人形は、今に伝わり現代の住空間に適した際物として、人気があります。
嘗てのような大広間に飾るものは、悲しいかな難しい時代です。
こちらの雛飾りなら、可愛らしくまた、伝統的な趣を伝えてくれます。
ご紹介します。

手仕事専科    http://tesigotosenka.com
下川原焼土人形 http://tesigotosenka.com/sitakawarayaki.html
お雛様セット
セット大
セット小
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2020年1月19日日曜日

NASU FOREST WATCH 奥野喜徳氏との話「着こなし」。Vol.005

NASU FOREST WATCHは、手仕事専科の工房です。
先日、NASU FOREST WATCHについて、奥野喜徳さんから、お話を伺いました。
私は、腕時計については、知らないことばかりです。
ヘアラインは、髪の毛のことと思ってはいましたが、時計通の方々が使う言葉です。
外装部分の316Lステンレスは、通常のステンレスの1.5倍の強度です。
粒子の細かな研磨剤を使い鏡面加工を施した後にマット加工のような細い筋を入れます。
海外の一流ブランドでは、機械で行ってその筋を付けています。
協和精工株式会社では、熟練技能士によって、手作業となります。
機械加工では、316Lステンレスから、離れる際に圧が変わることから、乱れてしまい筋が均一ではありません。
その微妙な個所を手作業で行うことで、時計の角が、光り輝く個所と曇りの箇所で美しくたもたれる所以です。
奥野氏の話では、離れたところで身に着けて見られる他社の高級腕時計は、個体として輝きが美しく映えます。
美しい腕時計をしているなと。
しかし、協和精工株式会社の熟練工の施した腕時計は、その上で研磨された箇所が、目に入って来るといいます。
それ程の精度の違いがあるといいます。

奥野喜徳氏の話は、私も納得がゆくのですが、NASU FOREST WATCHは、40代、50代のサラリーマンの方々の手の出る価格帯に押えました。
それが、NFA-0001:52,000円、NFQ-002:48,000円です。
しかし、着こなしという言葉があります。
お洒落は、その身に着けるものが似合わないと滑稽に映ります。
内面からの人格、徳は、ボロを着ていても外に現れます。
昭和天皇陛下は、時の人マッカーサー元帥に会われた際に無礼な態度をとっていた彼を一瞬にして、虜にしたといいます。
命乞いをしに来たと思った小柄な天皇陛下が、全ての責は、自分にあります。自分の身に変えて国民を助けて欲しいと願い、彼をして何が何でもこの方を助けなければならないと思わせた人格です。二人の並んで写る写真が残りますが、何ら気負わずに立つ天皇陛下に対し、マッカーサーは、身構えてポーズをとっています。

お洒落は、着こなしです。
このNASU FOREST WATCHは、着こなしが求められます。
人格を磨くことです。
NASU FOREST WATCHの似合う自分に。

あなたも、愛着の一品をお求めになりませんか。
令和元年に今上天皇御即位の記念に作られた腕時計、NASU FORES TWATCH First Versionです。
手仕事専科          http://tesigotosenka.com
NASU FOREST WATCH http://tesigotosenka.com/nasuforest.html
NFA-001FirstVersion        http://tesigotosenka.com/pic/S-44pic/S-44-101.html
NFQ-002FirstVersion        http://tesigotosenka.com/pic/S-44pic/S-44-201.html
NFA-001 First Version
NFQ-002First Version
 

NFQ-002First Version
NFA-001 First Version

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
 

2020年1月17日金曜日

津軽裂き織りの美しさテキスタイルスタジオ村上の紹介.Vol.01

テキスタイルスタジオ村上は、手仕事専科の工房です。
裂き織りを津軽では、サクリと言われて来たといいます。
北前船の寄港地だった津軽半島では、漁師たちが「さぐり」と呼ばれる藍色で、なめらかな手触りの仕事着を着ていました。布を裂いて横糸にし手織りする裂織は、独特の手触りと深みのある色合いが魅力です。江戸時代から織り継がれてきた津軽裂織です。
いくつかの魅力ある商品をご紹介します。

テキスタイルスタジオ村上 http://tesigotosenka.com/textilestudiomurakami.html
手仕事専科          http://tesigotosenka.com
漆持ち手バッグ
浮き織バッグ(三日月)
白刺し子バッグ(小)
白刺し子ポーチ
帆布ランチバッグ 藍
グレー薄茶 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ