2011年1月25日火曜日

津軽の食「楽るご庵」の紹介2011.01.23

 一昨日、弘前市の「楽るご庵」下山るり子さんと芳賀惠子さんに東京の浅草で1年ぶりにお会いして参りました。お二人とは、特に下山さんとは、津軽の「星と森のロマントピアそうま」に赴任の時からのお付き合いです。NPO法人地球村の「地球環境のセミナー」を主催した際にいろいろとご助言を頂戴いたしました。また、ロマントピアのモニターとしても参加していただき、ずいぶんと参考となる御意見を頂戴し、その後は、「あぶくま洞」など私の行く先々に訪ねていただきました。

 毎年、津軽から関東方面へ料理やもろもろの研修で、2泊で出かけてこられるのですが、今回は、東京でした。1昨年は、羽鳥湖高原レジーナの森で、その前は、那須ビューホテルにお泊まりいただきました。

 「楽るご庵」の名前は、私のアドバイスも少し取り入れて「らるご=スローライフ」⇒「楽るご庵」となったという事です。二人で皆に喜ばれる食堂を始めたいという希望を持っておられて、1食¥500、と¥700で提供しておいでです。陸奥新報にも大きな記事になり、毎週、月曜日をお休みにして、口コミと新聞の宣伝で嬉しい悲鳴だそうです。

 お二人には、「下野・会津・津軽 手仕事専科」のスタートの際にいろいろと女性ならではの感性のアドバイスを頂戴しました。また、㈱グリーンベアの高杉さんや今回も「コンウッド」ブランドのベンチャー企業をご紹介いただきました。新しいジャンルの津軽木工製品の取引になりそうです。
今回は、浅草ビューホテルに泊まりましたが、少しスナップでお二人をご紹介いたします。

楽るご庵
〒036-8233 青森県弘前市山崎5-7-25

●画像をクリックすると拡大します。
雷門の前で
左が下山さん、右が芳賀惠子さん

津軽美人です。

浅草寺の前で

後ろが、浅草ビューホテルです。
《楽るご庵》
「楽るご庵」オープンの冬のスナップです。
楽るご庵内部のカウンターです。
2階のスペースです。
「下野・会津・津軽のBlog」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp