2011年1月1日土曜日

’幸せ鈴なり’ふくべ洞から2011.0101

 正月元旦の読売新聞「新春ガイドとちぎ」に「手仕事専科」の/ふくべ洞さんが、ブログタイトルで掲載されていました。縁起ものですので、正月や祭事には、欠かせない伝統民芸品です。
・・・・(記事から)・・・・
 宇都宮市大通りの郷土玩具店「ふくべ洞」が、今年の干支の「卯」をモチーフにした土鈴をつくり、正月の縁起物として人気を集めている。=写真=
 土鈴は土で形成して益子焼の窯で素焼きにし、筆で色づけしている。約5㌢の白い体には耳や目が鮮やかな赤で描かれ、かわいらしさを演出している。土を素焼きにした球が空洞部分に入っており、揺らすと「カランカラン」となる仕組みでつくられている。
 店主の小川昌信さん(68歳)は「土鈴には、厄よけ、魔よけの言い伝えがある。土鈴の音を聞いて良い年にしてほしい」と話している。・・・

 ことし「手仕事専科」の一番注文(初荷)は、いみじくもふくべ洞さんのひょうたんと干支「卯」の土鈴でした。有難うございます。  
 干支商品では、ふくべ洞さん「卯」土鈴が、一番人気でした。他にも津軽びいどろ小砂焼丸太絵鬼瓦などの干支がございますので、承ります。
●画像をクリックすると拡大します。
2011年 干支「卯」  ¥840 ■商品コード S-15018■

「下野・会津・津軽のBlog」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道