2010年10月6日水曜日

「、点展」を訪ねて/bar×gallery saku朔

 今日は、2度目の訪問となりますが、「、点展」の企画展会場として、bar×gallery saku朔を訪ねました。沓沢佐知子さんの作品が、ギャラリーに適度な空間で展示されていました。ギャラリーのデザインは、御主人の敬さんが担当されていると伺いました。
 昼と夜に和風のお料理と御飲み物を提供されており、近在の方々や那須高原の別荘の方々が良くご利用されているようです。窓からの雑木林の景色と敬さんが揃えられたジャズが、すてきな時間をつくってくれていました。
 御隣は、松原賢さんのご自宅・工房「ギャラリー間」で、雑木林は、すてきな空間をつくるのに役立っているようです。工房のホームページは、手仕事専科リンク集にアップしています。

 佐知子さんは、主に粘土で人体や立体、器等をつくられており、素材を生かして心地よい空間をつくることを目標としていると伺いました。オブジェとしてご覧いただけるでしょうか。
 -経歴-
 1976 三重に生まれる
 2000 全関西美術展 彫刻 第一席受賞
 2001 京都教育大美術学科 大学院修了
 2002 立体グループ展/京都大丸
     立体個展/板室観光ホテル大黒屋ギャラリー
 2003 立体個展/ギャラリー渓(新宿)
 2004 立体個展/ギャラリー風布(那須)
 2006 bar×gallery 朔 オープン

「、点展」bar×gallery saku朔を写真からご覧ください。

●画像がクリックで拡大します。
青木・高林街道沿いにある、bar×gallery saku朔
「、点展」の一ギャラリーとして参加している。
いつも山羊さんが放たれており、のどかな田園風景である。
 
 
横の建物にギャラリーがある。すてきな吹き抜けの造りで、階段から下に降りると別世界の空間が広がる。窓からの光の取り入れと照明の使い方が巧みである。また、ジャズが常時流れていて、さりげなくお洒落である。
老若男女を問わないbar×galleryのすてきな空間と言えるでしょうか。

 
ギャラリーのドアを開けると、正面にすてきな花器に
野草が束ねて活けてある。
御簾状の布との組み合わせが、好い。



貝状のオブジェ
窓からの緑の林と暗茶色の組み合わせの
バランスが美しい。



 BARとカウンターのオブジェが、似合っている。
 「手仕事専科のBlog」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。