2011年3月25日金曜日

手仕事専科「急須の逸品」

 「下野・会津・津軽 手仕事専科」では、「煎茶器の特集」を組んでおります。それぞれに器の特徴があり、色も形も味わいがあるものです。益子焼の急須では、木村窯が有名だと聞きましたが、手仕事専科の工房宇田川勉さんの急須が、すきです。木村一良さんのところで修業をされたと伺いましたが、作品からそれが伺えるでしょうか。

 今回は、煎茶器ではなく、さらに絞って急須のみでご紹介をいたします。何回かに分けて、ご紹介して参りますので、ご了解ください。
●画像をクリックすると拡大します。
■お求めは、下野・会津・津軽 仕事専科から。
茶陶 「八染窯」 和田厚
・煎茶器セット  ¥40,000
 急須1・湯冷1・湯呑み5
 ■商品コードS-22040■
 
益子焼 宇田川勉
・急須(小)    ¥5,500
 口径5cm×横9cm×h8cm
 ■商品コード O-0505009■
 
木工ロクロ 鈴木民芸
・桑急須   ¥106,000
 サイズ 径90mm×高90mm
 ■商品コード S-06010■ 

会津本郷焼「閑山窯」 手代木仁
・急須炭化   ¥15,750
 胴径10.5cm×高8.5cm
 ■商品コード A-05009■
津軽金山焼 松宮亮二
後手急須    ¥4,700
 径7.5cm×高6.5cm
 ■商品コードT-01014■
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp