2012年1月19日木曜日

正月の会津木綿/庭先の風景

昨日は、会津に伺った際に正月のご挨拶で、下野・会津・津軽 手仕事専科原山織物工場を訪ねました。いつもは、かなりの反物が積み重ねられているのですが、少なくなっており、出払っている印象を受けました。原山公助さんもスタッフの方々も笑顔があり、良いお正月を迎えられたものと思います。
正月に入って、反物のご注文を幾つか続けてお受けしており、手仕事専科としては、年明け早々の今年に対する手ごたえを感じております。先に和布仕立工房たかだのサマージャケットを手仕事専科のブログでとりあげましたが、今年は、昨年に導入してから1年が経過して、ブレイクするのを確信しています。
本当に仕立物は、良いですね。また、会津木綿のラフに着られる心の贅沢感は、会津木綿ならではと思います。少し厚手の木綿糸ですが、着心地は、優しいですね。また、その柄も素晴しい。
冬の風物詩といった感で、染の木綿糸が、寒中に並んで干されていました。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp