2012年1月7日土曜日

堆輪木をご存知ですか?

堆輪木(ついりんもく)というと殆どの方は、知りませんが、世界に一つの技術が津軽の田舎館村にあります。田舎館村の鈴木町長は、ロマントピア時代に存じ上げていた方ですが、稲田に描くイベントで有名です。 kon-woodのつくるブランド「堆輪木」は、下野・会津・津軽 手仕事専科の工房です。O・B・MHamdcraftのカテゴリーに入れているのですが、伝統的な津軽塗の木地師からスタートして、それを工業技術で完成させた木をロクロで挽いた作品です。強度が優れていることとその色が漆器ではなく現代の色づけで行っています。現代生活に似合った作品と言えます。それらの商品を写真でご紹介いたします。
・カップ&ソーサー「ローレル」  ¥10,500 
ダークグリーン
カップ    Φ92×h88
ソーサー  Φ135×h20
■商品コード OD-20011-5■
 
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp