2010年11月2日火曜日

郡司富枝油彩画展/GalleryBarnから

 昨日と今日、GalleryBarnで開催されている「郡司富枝油彩画展」を拝見してきました。
20年間の絵画製作から、初めての個展を開催されたと伺いました。神奈川県川崎市に長年過ごされて、20年ほど前に絵画をはじめられ全国日曜画家連盟に属されているとのことでした。全国日曜画家大展覧会には、19年間出展されておられ、マルオカ賞や特選、特選奨励賞などを受賞されており、17年間続けて入賞されているそうです。2002年製作の「薔薇」でマルオカ賞を受賞し副賞がヨーロッパ旅行招待だったそうで、その時のフランスの素敵な絵も何枚か描かれていました。

 8年ほど前に故郷の大田原市にもどり、今も絵画を描き続けておられます。今年の県展に入賞されて戻ったばかりの50号の大作「睡蓮の昼」も展示されていました。20年という歳月から、師事した先生も変わられて、いくつかの作風時代にわかれるようです。当初は、写実的で明るい光を意識した綺麗な作品でしたが、現在は、より油彩的な画風に変わっています。

 大田原市は、私の高校時代の思い出の地でもあり、郡司さんに何かしら親しみを感じておりました。これからも素敵な絵画を描き続けて欲しいと思っています。下野・会津・津軽 手仕事専科とのコラボレーションは、難しいと思いますが、「和美との生活」では、リビングに掛けておきたい作品となります。

 郡司さんの絵に対する想いは、語り足りないですが、写真からすてきな絵画をご覧ください。
 なお、作品については、Gallery Barnにお尋ねください。

   「郡司富枝油彩画展」
 期間 10月27日(水)~11月3日(水)
 時間 11時~17時
 会場 Gallery Barn
●画像をクリックすると拡大します。

市内からGalleryBarnへの鳥野目街道
ちょうど、紅葉が始まっていました。
  

ギャラリー1階フロアの展示です。

那須岳を描いた、最近の作品です。
「姥が平」

全国日曜画家大展覧会の
優選特賞「カサブランカ」の脇で
郡司富枝さん

「カサブランカ」優選特賞

薔薇

渓谷

紙風船

港町フランス
・「カサブランカ」優選特賞の副賞「フランス旅行」での作品です。

カラスウリ
マルオカ賞受賞

モンサンミッシェル
・副賞のフランス旅行の際の作品です。

県展入選の大作
「睡蓮の昼」
●大田原市琵琶池の近くの池を描きました。

初期の作品で水彩画です。
静物(野菜)

ギャラリーの2階展示場


牡丹Ⅱ

左「室内」 右「蔵の中」

茶臼

晩秋の那須
「手仕事専科のBlog」は、ショッピングサイト■日本の民芸品/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道