2010年11月3日水曜日

GalleryBarn巣箱とランプの紹介

 今回、GalleryBarnの清野隆さんの作る巣箱を「下野・会津・津軽 手仕事専科」で取り扱うことになりました。手仕事専科では、新しい「O・B・M Handcraft」と位置付けています。

 今回お取引では、GalleryBarnオーナーの清野さんの広いお気持ちから可能となったものですが、私の新しい道が開けた印象を持ちました。毎年、60~70点程の作品を作り「BirdHouse」巣箱展を開催されているのですが、また、同じく信州の八ヶ岳でも数多くの作品を出展されているとのことです。今回は、八ヶ岳と同じお値段で取り扱うことになりました。

 清野さんの作る(=創る)作品は、同じものがひとつとしてないのが特徴です。廃材のブリキトタンや木材の廃材や小枝、ベニヤ板、タイルなど、なんでも利用してしまいます。また、それが清野さんのすばらしい才能によって、夢の作品に生まれ変わってしまいます。

 構想では、私は、建設会社に関わっているのですが、廃材が山とあり、工事毎に産廃処分量がすごいのですが、廃材を利用した「巣箱とランプ作りのワークショップ」をやろうというものです。「ECOと野鳥の自然保護と創作体験」として、新しい体験学習のアイテムとなると思われます。ホテル営業では、林間学校や修学旅行の体験学習が必須ですが、従来は、スキーや伝統工芸品の「ふくべ細工」「会津塗の蒔絵」「日光彫の体験」「益子焼の陶芸体験」など近辺でも沢山のアイテムがありますが、那須高原の新しい「体験学習」アイテムとして、立ち上げようと思います。

 今日は、ホームページ用に写真撮りをしてまいりましたので、簡単なスナップでご紹介します。
詳しくは、「下野・会津・津軽 手仕事専科/GalleryBarnの巣箱&ランプ」をご覧ください。
 ●画像をクリックすると拡大します。
GalleryBarn/巣箱とランプ
手前2つがランプ、上段後列の5つが巣箱です。
「手仕事専科のBlog」は、ショッピングサイト■日本の民芸品/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道