2014年10月12日日曜日

黒金結晶と鉄赤の小砂焼

手仕事専科では、最近、NHKで取り上げられて、全国からご注文が増えている小砂焼ですが、釉薬に特徴を持つ陶器です。
江戸時代からの水戸藩御用瀬戸として、すでに180年もの歴史を持ちます。
豊富にある陶土が、小砂焼には、恩恵でした。
そして、開発されたのが、黒金結晶と鉄赤の釉薬です。
これが、小砂焼の特徴です。
金結晶は、他の陶器では、珍しいものですが、こちらでは、これが、特徴となっています。
そして、手間と釉薬、陶器からみると、ひじょうに安価です。
当主の藤田真一さんは、根っからの職人です。
小砂焼そして、藤田製陶所を継承するということは、事業を拡大すること、儲けることではないことです。お値段は、益子焼と比較すると半額近いように感じています。
かつて、この手の商品だと益子では、倍の価格ですよと話したことがありましたが、このお値段で買ってくれる方がおられるのでと、お話されていました。
益子焼の作家の方と小砂焼の職人の方との違いが、このことから端的です。
それぞれに、求めていることが違います。
現在、下野手仕事会の会長の要職にありますが、そのお人柄が、皆様の信頼を得ているのかと思います。
手仕事会には、その時流から羽振りの良い方もおられます。
それらの方は、得てして、売ることに長けているのでしょうが、物づくりやお客様の気持ちには、謙虚でないようにも思います。
わたしには、共感できない方々でしょうか。
写真で、黒金結晶と鉄赤を御紹介しますので、ご覧ください。

急須黒金結晶  
¥4,900
 径78mm×高73mm
 ■商品コード  S-14011■
 
急須鉄赤  
¥4,900
 径78mm×高73mm
 ■商品コード  S-14012■
夫婦茶碗(金結晶) 
   ¥2,800
 大/口径133mm×高60mm
 小/口径120mm×高60mm
 ■商品コード  S-14013■
湯呑み面取黒金結晶(大)         
   ¥1,100
 径67mm×高80mm
 ■商品コード  S-14048■
  
湯呑み鉄赤(大)   ¥1,100
 径67mm×高80mm
 ■商品コード  S-14049■

湯呑み糠金結晶(大)   ¥1,100
 径67mm×高80mm
 ■商品コード  S-14050■
 
そば猪口鉄赤   
¥600
 径88mm×高70mm
 ■商品コード  S-14025■
 

そば徳利鉄赤   
¥1,680
 口径50mm×高55mm
 ■商品コード  S-14027■
飯碗のアップ画像です。
金結晶を際立たせるのは、釉薬の黒です。
この黒の釉薬が、秘伝といいます。
3011.03.11の震災で壊れてしまいました。
現在は、復元を目指しておりますが、
数年先になるでしょうか。
益子焼も小砂焼も甚大な被害を
受けています。
精神的にも、その傷は、測りかねます。
わたしの尊敬する、藤田さんの奥様の峰子さんです。
地域おこしに活動をされています。
真一さんの御仕事もこの奥様があってになるのでしょう。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ