2012年3月20日火曜日

津軽金山焼を訪ねました。(1)

昨年に続いて、この時期に手仕事専科のすてきな焼締めの津軽金山焼を訪ねてきました。昨年は、3月9日に訪ねたのですが、二日後には、東日本大震災になりました。その震災の二日後には、同じ窯元である益子に米等の食料を持って、支援に駆けつけたといいます。頭の下がる想いをいたしました。 ちょうど、発窯を3月24に地に控えていました。その薪くべには、可愛らしい女性が、行っていました。また、ショップには、すてきな作品が沢山並んでいて、いくつかを買い求めてまいりました。近々、我が家の食卓に並べる予定でいます。お料理と器の調和を写真でお見せしたいと思います。
松風作   漬物樽
約径21cm×高19cm
価格 ¥15,700
紙箱 ¥350
理沙作 ろくろ目陶板
約縦22.5cm×横47cm×厚1cm
価格  ¥12,600
紙箱 ¥300
松風作 手桶花入
直径 13.5cm×高23cm
金額  ¥26,200
木箱 ¥3,800
松風作  花入
径25cm×高33cm
価格 ¥36,500
木箱 ¥7,000
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp