2011年8月19日金曜日

私の好きな「小砂焼」の人気商品

 今回の東日本大震災では、「下野・会津・津軽 手仕事専科」から、沢山の工房が影響を受けています。とくに益子焼小砂焼の工房では、登り窯や作品が破壊されてしまい、甚大な被害を受けていますが、その後の原発の放射能汚染により、二次的な観光が壊滅的な被害となっています。観光では、会津、津軽も同様の被害を受けました。閑古鳥の鳴く十和田湖等を見て、悲しい想いになりました。私の住む那須高原も3月以降の人々の動きは、夏には回復と思っていたのですが、甘かったと言えます。放射能汚染により子供たちの天国ともいえる那須高原が、こどもたちのいない高原になってしまいました。

 このところ、感じているのですが、ネットショップは、人々の心の冷え込みはあるのですが、それ以外では殆ど影響を受けていないのを感じています。人々の気持ちが、自分の心に回帰しているところから、かえってお客様の心が特殊な工芸品や民芸品に関心が増えているのを感じています。
 人々の生活にご利用いただくことが目的ですので、願ってもないことと言えるでしょうか。
最近つとに人気の高い小砂焼から、ご紹介いたします。
・夫婦茶碗(金結晶) ¥2,800
 大/口径133mm×高60mm
 小/口径120mm×高60mm
 ■商品コード  S-14013■
 
・ティーカップ黒金結晶 ¥1,100
 径70mm×高72mm
 ■商品コード  S-14018■
・ソーサー黒金結晶            ¥700
 径147mm×高22mm
 ■商品コード  S-14019■
 
・夫婦湯呑み黒金結晶(木箱入り) ¥1,800
 大/口径70mm×高85mm
 小/口径63mm×高78mm
 ■商品コード  S-14039■
 
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。