2011年8月1日月曜日

「益子焼しのはら」をひさびさに訪ねました。

 今日は、ひさびさに「益子焼しのはら」や「大塚はにわ店」「小峰窯」を訪ねてきました。今年の益子は、大震災後の「陶器市」では、かなりの御客様の来訪をみたのですが、放射能汚染の拡大した現在では、子供たちの夏を迎えることが出来ずにおります。
 放射能は、本当に恐ろしい汚染ですが、それらが噂されるなかでは、福島県や栃木県北には、来訪は見込めないのでしょう。

 今日は、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の伝統的食品の商品紹介に沢山の献立のお料理をご紹介しようと考えています。その際に、「お料理の器」を益子焼や会津塗などの漆器を使用しようと思っていました。それで、気にいっている作家の作品を求めてきました。
 いつものように「益子焼しのはら」の店内の花器と花を撮影して参りました。購入した器と併せてご覧ください。

・皿流入中柿   ¥8,420
 サイズ 径230mm×高45mm
 ■商品コード S-0701015■
・皿流入中柿   ¥4,300
 サイズ 径165mm×高30mm
 ■商品コード S-0701038■
・長角鉢(大)半梅文    ¥3,800
 横165mm×巾110mm×高40mm
 ■商品コード S-0701037■
 
6寸皿柿黒   ¥1,520
 径180mm×高30mm
 ■商品コード  S-0702018■
・鉢輪花      ¥3,200
 径200mm×高65mm
 ■商品コード  S-0703030■
・小鉢五角白糠(左)¥800
 径110mm×高45mm
 ■商品コード S-0703025■
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp