2010年9月27日月曜日

Gallery楸-郷加奈子の刺繍展-の紹介

 今日は、Gallery楸へ訪問して9月22日~10月17日まで開催の「郷 加奈子の刺繍展」を拝見しました。月曜・火曜日は、お休みでしたが、ちょうど御主人がお出でで、見せていただくことができました。
 とても素敵な刺繍で、浮世絵に刺繍をしており、驚くばかりの緻密さで職人技と言わせるものです。郷さんは、これらの作品は、販売されずに見ていただくだけだとのことですが、心温まる作品でした。ぜひ、ご本人とお会いできればと思いました。
 御主人の話では、Galleryの展示は、展示回数も絞って行っており、5月から11月上旬頃までの期間で開催するとのことでした。展示内容は、経営的なことよりも展示する作品内容に制約があり、どのような作品でも展示できるわけではないようでした。
 企画展の開催されていない期間は、ひじょうにすぐれた作品等が展示されており、勿体ない価格で販売されていました。現代は、手仕事品が、買われなくなったとお話しされましたが、私の手がけている手仕事品(伝統的工芸品、民芸品)が、現代ではなかなか売れないのは、時代背景にあると言えるでしょうか。団塊の世代以前は、貧しい経験を持ち、物を所持することが、願望であり勤労意欲や購買意欲に直接つながっていましたが、今は、殆ど有して豊かな生活を送るようになり、60歳を超えて更に購入する必要が無くなっているといえます。
 現在の若い方々は、裕福に育ち、物を所有する必要を欲しない世代です。この方々に古くからの伝統品や手仕事の良さを理解してもらうことは出来ても、すぐに所有に走ることはないと言えるでしょうか。
 手仕事専科の課題が、現代アートと伝統的工芸品のコラボにより、現代世代や海外の日本文化に理解ある方々に求めていただくことであることを伝え、ご意見を伺いました。
 那須には、ひじょうに沢山のアーティストの方々が住んでおられ、大きなネットワークにして行くことが、楸さんの活動目的の一つであることを伺い、手仕事専科の目的でもあり、ご協力を得られたらと思いました。
 ぜひ、Gallery楸さんの「郷加奈子の刺繍展」へお出かけください。お食事も提供されており、那須高原の散策には、ちょうど素敵な場所といえるでしょうか。

 ●雑木林の中にあるフリーギャラリー&ティールーム楸(ひさぎ)
  定休日:月・火曜日  〒325-0303栃木県那須郡那須町高久乙172
  TEL 0287(62)3026
  メール hisagi.nasu@nifty.com

 ●画像がクリックで拡大します。
雑木林の中のフリーギャラリー&ティールーム楸(ひさぎ)
です。3階作りの建物で、全ての階を利用して、素敵な展示が
できます。また、すてきなファンの方々が那須に住んでおられて、
企画展は、いつも盛況のようです。
   

 










「手仕事専科のBlog」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道