2012年6月24日日曜日

Gallery納屋に朝和枝さんの手織展を訪ねました。

今回の第1回日本麻フェスティバルandフォーラムin栃木では、全国から麻に想いを持つ沢山の方々の参加がありました。主催者である日本麻振興会の方々は、慣れないイベントによく対応されたと思いました。それだけ、理事長である大森由久氏の想いが、スタッフの皆さんに伝わっているものと思われます。

幾つかの会場ごとにいろいろな催しがありますが、一段落した折に昼をとりに野州麻紙工房のGallery納屋を訪ねようと思いました。とても混んでいて、迷惑かと思いながら、とても人気の麻の実の生地の野菜ピザを注文しました。出来上がるまでに店内の展示物と二階のGalleryに朝和枝さんの「手織展」を拝見しました。とても素敵な作品に手織りの風合いと見識を聞いて参りました。お住まいは、兵庫県ですが、ご出身は、日光なので、身近な方でした。
写真でご紹介いたします。
野州麻紙工房野州大麻の大森由久さんの麻畑
Gallery 納屋の玄関
手仕事専科でも扱っているランプが、
並んでいます。
 
これらは、麻糸の平織です。
縞になっているのは、麻の繊維をそのままに
織っています。タペストリーや暖簾に使えるでしょうか。
こちらの「手織展」の作家の朝和枝さん
〒665-0816 兵庫県宝塚市平井1丁目8-7
tel:090-2830-6916
夏用のストールやマフラーとなります。
オシャレ!です。
このみのピザです。
野菜ピザ・生地が麻の実入りです。
¥900
一度、ご賞味ください。
粟野町永野の山並みを背景に麻畑があります。
まだまだ、大きくなります。2~3mまで育ちます。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp