2012年6月17日日曜日

NASU ONEDAY MARKET in UTUNOMIYA

毎年行われる「那須ショートフィルムフェスティバル」のプレイベントとして、「NASU ONE DAY MARKET」が宇都宮のオリオン通りで開催されるということで、伺いました。
現在、私自信は、手仕事専科以外にも幾つかの仕事を行っています。収入を得る目的ですが、手仕事専科のやるべきことが多く、間に合っていないことから、他のいくつかの仕事を辞めることにしました。これからは、手仕事専科を中心とした生活になります。その中で、地産地消のコンセプトから、那須高原のクラフトや食、そしていろいろな活動をなさっている方々とネットワークを構築して行きたいと考えています。当然、那須高原の有力なテーマパークは、誘客として大きな原動力となっていますし、彼らとの協力は大切な要素です。しかし、それ以上に自分たちの”想い”を形にしようと小さな活動からスタートしている方々が沢山おられます。その方々の想いを束ねて、大きな力にして行ければと願っております。
長年日本ビューホテル㈱で青森や福島県でとくに地域興しの施設の中で従事して参りました。とくにグリーンツーリズムや地産地消の活動に関わってまいりましたので、那須高原は、恵まれた地であるだけに過去に行政がそれに力を入れていたわけではなく、その意識の乏しい地域であることを感じています。この度の原発の被害にあって、未曾有の危機に直面していますが、それらのことを論理的に対応できていないことを感じます。
NASU ONEDAY MARKET in UTUNOMIYAを写真でご紹介します。
オリオンスクウェアの正面からの光景です。
正面にこのようなすてきなオブジェがありました。
キャンドルと緑の吊草です。

キャンドルハウス シュシュの渡辺さん

今回初めて、ご紹介いただいた井下田陽平さんです。
fbのお友達になりました。夢大きい若者です。

こんかい勘違いから訪れた”布の会”です。
とても素敵な方々(女性)でした。感謝です。
代表の成沢さんが、私の知らない布の世界を
丁寧に説明してくれました。

今日のスタートでは、布の会から6人の方々が
こられていました。
スタッフの方々が、キャンドルに灯をともしていました。
何人かの方々を知っていましたので、
いろいろとお話を伺いました。

那須高原の「ル・シェーブルフィユ」が、出店していました。
殆ど、宣伝はしていないということでしたが、感性あふれる
すてきなケーキやスウィーツが人気でした。
オリオンの若い女性たちが群がっていました!
オーナーの海老原寛道さんにご挨拶が出来ました。
写真は、素敵なお店のスタッフです。

このような「布ナプキン」が、あることも知りませんでしたが、
きっと女性たちには、隠れた人気ものなのかと思います。
商品は、わかりませんが、彼女達の人柄は、信じられます。
那須高原では、知らない方は少ないと思いますが、
南ヶ丘牧場の岡部拓也さんです。
那須ロングライドやいろいろな地域の活動をされていて、
人柄も謙虚で尊敬しています。