2012年2月3日金曜日

あこがれの「もやい工藝」を訪ねました。

以前より、一度は訪問したいと願っておりました「もやい工藝」を訪ねました。もやい工藝は、「下野・会津・津軽 手仕事専科」を立ち上げた際に先輩としてあこがれの民藝店でした。同時に店主の久野恵一氏が手仕事フォーラムの主幹でもあり、全てに先輩格です。
ちょうど中井喜一と小泉今日子のドラマが、鎌倉ですが、舞台の鎌倉駅から市役所前をとおって、佐助2丁目にあり、10分位の距離にありました。
途中には看板ひとつなく久野さんらしいと思いながら風情のあるお店を覗きました。ホームページにある光景が目の前に現われました。

留守になると伺っておりましたが、速く着いたためにお会いすることが出来ました。久野さんは白髪ですが、私とも殆ど年齢差は無くて、同世代の方でした。お店の陶器や民芸品は、何れも美しく久野さんの感性が感じられます。それを美しく感じる私も同じかなと思いながら、沢山の商品をひとつひとつ手に取って、拝見いたしました。

久野さんのお話では、以前にメールでやり取りをしたときと同じく、本物の伝統的工芸品を紹介したい、美しい作品を残したいと考えておられました。私は、同じ志ではありますが、もう少しアバウトです。手仕事にかける気持ちが同じであれば、一緒に行きましょうという考え方ですが、もっともっと純粋に厳しい目で伝統工芸品を見ておられました。その目にとまった作品群です。何れもすばらしいものでした。妻の誕生日用にコーヒーカップを求めてまいりました。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp