2011年6月25日土曜日

津軽金山焼を訪ねました。

 今回の津軽の旅の目的の一つは、「下野・会津・津軽 手仕事専科」の津軽金山焼の商品ラインナップを増やすことでした。インターネットショップでは、ラインナップの商品数が、重要です。スタート時は、あまりホームページ作り自体が、分らないことばかりでしたので、ラインナップも制限して工房頁を作っておりました。

 今日は、松宮亮二さんと担当の横山さんは、不在でしたので、小山さんにお世話になりました。津軽に来るといつも思うのですが、’津軽美人’の言葉が浮かんできます。相馬村もそうでしたが、ホントに土地柄でしょうか。津軽という肥沃な穀倉地帯に京から美しい女こどもが集まったことによるのかと勝手に思っているのですが・・・・。
 簡単に津軽金山焼工房の風景と作品写真そして、 レストランの写真をご紹介いたします。

《レストランの風景》
津軽金山焼の器がふんだんにつかわれ、ランプシェードも、そして係の方々もすてきでした。
《ラインナップの商品群》
2011の商品カタログがあるのですが、全て、写真に撮影いたしました。点数的には、従来の3倍程度に増えることになります。
 今までも人気でしたが、これで、焼締めの津軽金山焼を好きな方々のご要望にお応えできるものと考えております。
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。