2011年6月13日月曜日

羽鳥湖高原てっぺんの手打ち蕎麦処ぼちぼちへ行ってきました2011.06.12

 昨日、久しぶりに羽鳥湖高原へ行ってきました。
 東日本大震災の影響で県道37号線が、不通となっており、国道294号線・118号線を利用しました。途中の西郷村から、大信村に貫ける道路では、大震災の牙を所々にみて、自然の恐ろしさを感じてきました。こちら田良尾地区は、先の2月29日の地震の方が、酷かったようですが、福島県は、大変な時を迎えています。

 以前から、お世話になっていた「羽鳥湖高原てっぺんの手打ち蕎麦処ぼちぼち」は、豊田剛一さんご夫妻が6年前の6月15日にオープンされた蕎麦処です。近々6周年を迎えるということでした。とても綺麗な店内と庭も雰囲気があり、ここだけ、別世界の印象をもちました。ちょうど、日曜日でもありお客さまで賑わっていました。

 やはり、人気の秘密は、天然の食材を使った天ぷらや手打ちの蕎麦、こだわりの出汁によるのでしょうか。醤油とみりんから作る「かえし」と千葉の漁港から仕入れる粗削りの削り節を使った出汁にこだわりがあると仰っていました。
 簡単にスナップに店内とお庭の風景を納めてきました。どうぞ、ご覧ください。

羽鳥湖高原てっぺんの
手打ち蕎麦処ぼちぼち
 店主 豊田 剛一
〒962-0622 福島県岩瀬郡天栄村田良尾字芝草1-3536
0248-85-2520
営業時間 11時~16時
6月・7月営業日 毎週土・日曜日
8月 5日~8日 11日~16日
   19日~21日 27日28日
※これら以外の日時、夜は、ご予約で承ります。

店主の 豊田さんご夫妻です。
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。