2014年2月2日日曜日

樹ノ音工房をたずねて

 先日、インドから日本に来て21年になる友達から、すばらしい考え方を聞きました。
かれとは、facebook友達でもあります。
Welvijay といいます。
手仕事専科Jay Jagoの友人だったことから、お付き合いが始まりました。
 久しぶりに今度、インドに1週間ぶりに戻る時の話です。
「八田さん、物を売るのじゃないよ。アート、文化を、日本の心を売るんだよ。」というものでした。
わたしは、「和美との生活」を提唱しています。
それは、美術工芸品の「美」だけではありません。
それらのものを生活の中にとりいれて、精神的なゆとりと美しさを感じる心を楽しむことです。
そして、その生活の中(生活文化)に人を大切にする、ものを大切にする、知恵があります。
その知恵もみなおそうというものです。
それは、文化を楽しむことです。
世界中に美しい文化があります。
 かれから、「日本の心」をうるんだよのことばに感動しました。
手仕事専科も4年がこの3月で終わります。
スタート時からは、思いもかけない多くの方々から、ご支援を頂戴しました。
ご注文も今月で、1000件になります。
そのポイントは、「ブランディング」です。
取り扱う手仕事のストーリーです。
手仕事の歴史であり、職人の想いであり、工夫であり、美しさであり、そして、わたしの物を大切にする想いです。

 会津には、実にたくさんの手仕事が引き継がれています。
会津塗会津本郷焼会津木綿、会津桐下駄、初音、風車、起上り小法師、イゲタ醤油、会津味噌、会津絵ろうそくがあります。
 きょうは、会津本郷焼きに樹ノ音工房を訪ねました。
ご存知でしょうか、この工房は、佐藤大樹さん、朱音さんのおふたりのお名前から付けられた工房です。
佐藤朱音さんは、しっかりとされた、陶工です。わたしは、彼女との出会いに感謝しています。
 
  当初は、当然にご注文はありませんでしたが、辛抱強く待ってくれました。ご注文も随分と増えました。現在では、恩返しができていることに感謝です。
きょうは、そんな樹ノ音工房の写真をご紹介いたします。
これは、樹ノ音工房
しのぎシリーズのものです。
しのぎをいれることで、器の印象が
大きく変わります。

最近のあたらしい顔です。
しのぎの太い線のものです。
近々に登場します。

起上り小法師シリーズです。
矢板北SA専用の商品です。

わたしの好きな箸置きです。
赤べこと起上り小法師です。

思い出の写真です。
佐藤朱音さんの印象は、硬いものです。
しかし、情熱的な職人としての想いをもっています。
ひとにやさしい女性です。

こちらは、工房の近くにショップを持っています。
cafegalleryでもあり人気です。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ