2014年1月18日土曜日

第9回ハーモニーホール展・ティーパーティ

きょうは、毎年恒例のハーモニーホール展を訪ねました。
第9回ハーモニーホール展
1/18(土)~1/26(日)/9日間
10:00~17:00
出展数 56点
(洋画22点 版画2点 彫刻1点 工芸9点 書12点 日本画10点)
たくさんの素敵な作品を見て、楽しい時間となりました。
洋画では、40号以上の作品になります。

書や染、洋画に知人の作品がありました。
ティーパーティでは、理事長や審査委員長からの挨拶などが、ありました。
とくに参考になったのは、奨励賞を受賞した方々のスピーチでした。
工芸部門の方のお話は、良かったです。
----------
57歳の定年を前にして、奥様からなにか趣味を持っていないと老後が、大変ですよということで、陶芸の門を叩いたといいます。
今回、初出展でした。
そして、奨励賞の受賞です。
陶芸の世界は、形もそうですが、焼き締めの陶芸ですので、その色の工夫が、偶然によることが多く、一喜一憂していることを話されました。
現在、81歳です。
お体が、少し悪いことから、これからどれだけ、作り続けられるか分からないけれどもとご挨拶されました。
他にも同じようなコツコツと作り続けられた方々が、多くおられました。
---------
このような趣味の世界に過ごせる方は、幸せだと思います。
ひとつ一つに工夫を凝らして、合点のゆく作品を作りたい想いでいます。
そして、一喜一憂、優れたものが出来た時の喜びは、他にはかり知れないようです。
同じテーブルに88歳の方が、お二人おられました。
8月9日に長崎の原爆のお陰で、南洋の前線にでなくても良かったこと。
そして、戻りの電車では、広島の惨状を見てきたこと。
このような方々の話を聴く機会は、もうじき失われてしまうでしょうか。
芸術に心を傾けておられることに尊敬いたします。

ティーパーティの様子を写真でご紹介いたします。
理事長のお話でした。
 


式典の後の歓談の時間で、地元に住む方の
演奏がありました。
アルトサキソフォンです。


途中に市のキャラクターの与一君の
お出ましです。
人気者でした。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

株式会社とぴい企画

080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp