2011年2月21日月曜日

益子焼「薄田窯」を訪ねて2011.02.19

 今日は、益子町城内にある「薄田窯(すすきたかま)」を訪ねました。というのは、この度、小峰窯元センターから、斬新な益子焼商品のお取引を行う事になったのですが、その中に「薄田窯」がありました。
 場所が、大塚はにわ店から歩いても直ぐの所なのですが、車のナビでは出てこないような場所にあり、大塚はにわ店の大塚明さんに地図を描いていただき、訪れました。有名な「佐久間藤太郎窯」の直ぐ脇にありました。専ら作陶を行っている何ら飾らない作業所と大きな登り窯が、目につきました。電話で、小峰窯を通じて、「薄田浩司・いと」の作品を私の「下野・会津・津軽 手仕事専科」で取扱う事をお伝えし訪れました。

 厳つい感じの薄田浩司さんと奥様が出迎えてくれて、作業所でお話をしました。歴史を感じさせれるストーブが、焚かれて暖かい気持ちの良い作業所でした。
 私の手仕事専科の成り立ちや取扱っている商品などをご説明し、その意図から、十分に私の人となりをご理解いただけたかと思うのですが、那須高原の「遊クラフト」の山口さんを良くご存知で、また、みちのく民芸店や「あぶくま洞」の直ぐ隣の三春町のご出身とか、私のいたホテル会社の秋田ビューホテルのある秋田県の事や「薄田」の姓は、秋田県男鹿にあり、ご先祖が佐竹藩の転封換えで、三春にこられただろうことなど、同じ世代でもあり、直ぐに旧知の方のような錯覚に陥りました。
 伝統的手仕事に関わり販売する方が少ない中で、なんとか販売しようとしている姿勢がご理解いただけたものと思いました。

 ちょうど、360個もの「灯明」ガーデニングランプを制作中で、新しい試みで、取り組んでいるとのことでした。私の「手仕事専科」の「とぴい工房」でアートポストと庭置「設置型ランプ」を商品化することになっていることから、新たな商品として、依頼できるように思われます。
 ちょうど、2月20日に「薄田窯」商品をアップすることにしておりましたので、工房やお二人の作業風景を写真に納めてまいりました。お嬢さんは、すでにご結婚されており、東京にお住まいで、制作のために帰省されるとのことですが、写真を拝見しましたが、とても綺麗なすてきな方でした。
今後とも「薄田窯」を宜しくお願いしたいと思います。
●画像をクリックすると拡大します。
「下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp