2014年11月17日月曜日

わたしの好きな若手の益子焼

ギフトシーズンを迎えて、何を贈ろうかと迷われている時期でしょうか。
とくにクリスマスのギフトは、迷うものです。
好きな方へのプレゼントの場合は、なお更にそうでしょう。
自分の選ぶポイントは、3っつあります。
選定の三つの極意は、
①ご予算は、初めにありきです。贈られる方とのご関係から、お決めください。
②「ふだん良いなと思っても、なかなか自分の為には購入できないが、
贈られると嬉しいものを選ぶこと。
③さらに、ご予算内で、その御贈答品価格帯では、品質的にも高価な品を選ぶと喜ばれるでしょうか。 

今日は、朝から手仕事専科(ホームページ)のメンテナンスの仕事を行っていましたが、その中から、気に入った商品をお薦めしたくなりました。
それが、益子の若手の器でした。
写真で、すてきな器をご紹介いたします。
・ゴス付き マグカップ
・赤絵    マグカップ
若林健吾作
 Φ8*9.5  ¥1,200
 
・柿抜絵(小) 室田嘉一郎作
 
Φ7.8*8.7   ¥1,000
 
・白椿 中川守雄作
 
Φ9*10   ¥1,600
 
・菓子鉢6.5寸窓絵りんどう
 アトリエ・エシト
 Φ18.5*6.5 ¥2,400
 
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。