2015年6月8日月曜日

白河だるま総本舗・渡辺だるま店の紹介

仕事専科では、すでに白河だるまを取扱っております。
それは、佐川だるま製造所ですが、しかし、もう一社、渡辺だるま店が、ございます。どちらも長い歴史を持つ、そして、それぞれにお顔も異なるだるまですが、そのだるまに掛ける情熱は、同じものを感じています。それが、松平公のおひざ元のだるま職人といえるのでしょうか。
 だるまといえば、高崎だるまが、一大産地になります。全国の製造量の80%を占め170万個を製造ると聞きます。他には、松川だるま(仙台)、越谷だるま(武州だるま)、東京だるま、相州だるま、鈴川だるま、姫だるまなど、多くの産地があるようです。 
 白河だるまは今から約300余年前、当時の白河城主丹羽長重公に初まり、後年の小峰城主でその名も有名な松平定信楽翁公が城下の繁栄を強く願い、当家先祖に楽翁公直々の名により文晁の図案とお墨付を路金とともに戴き、はるばる京へ「だるま」修業の命を受けて出立したといいます。修業のあかつき眉毛は鶴、髭は亀、耳髭は松と梅、あご髭は竹を表して帰郷したと言い伝えられています。また、文政6年(1823年)も横町絵図に、旧奥州街道沿いの横町で現在もだるま製造業を営む渡邊だるま店の住居、作業所がある位置に「瓦作金七」の名が確認されていることから、この人物が白河だるまと大きく関わっている可能性が高いとされています。 白河だるまはあごひげが長いのが特徴。厄除けと家内安全の利益がある赤だるまと、開運の利益がある白だるまが作られている。年間15万個が生産されているといいます。
 現在の白河だるま製造の渡辺だるま店佐川だるま製造所とは、向かい合って、営んでいます。
この度、渡辺だるま店のHPを製作いたしましたが、より企業的な取り組みをされています。昨年の夏には、某大手の化粧品会社の海外向けのノベルティとして、2000個もの起上り小法師を製作いたしました。入念に打合せを行い、御客様にもお喜びいただきました。アメリカや東南アジア、ヨーロッパの店舗の販促品ですが、仕事専科からのものが、世界にお届けできていることに歓びを感じています。今年は、さらに、多くのお客様に歓びを届けたいと考えています。
○イベントだるまです。
記念のだるまを作るのは、容易です。
一般だるまと、それほどに費用は、変わりません。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。