2012年7月19日木曜日

津軽の風 津軽三味線・民謡 ライブに参加してきました。

今日は、予てから予定していた「西那須温泉 五ツ星源泉の宿 大鷹の湯」に伺いました。fb友達の綱川敬子さんこと長谷川裕翔さんの津軽三味線ライブがありました。大鷹の湯には、何人ものfb友達がいるので、ご挨拶が出来るのもひとつでした。柴田曜太郎さん、城間洋子さん、長井千代子さんです。
演奏プログラムは、津軽の有名な民謡が沢山組まれており、懐かしく感じました。とてもすばらしい演奏でした。全国の津軽三味線大会で幾度も優勝されているだけありました。
津軽曼荼羅・じょんがら節元唄・旧節・中節・新節・津軽あいや節・弥三郎節・津軽三下り・津軽甚句・津軽小原節・津軽りんご節を演奏していただきました。
演奏が白熱してきて、お花も上がって、とても盛り上がりました。

大鷹の湯の飯沼会長から、なぜ津軽三味線なのかのお話がありました。会長のお父さんが五所川原のご出身で、こどもの頃に自宅に遊びに来ていた方が、有名な木田林松栄さんだったといいます。津軽三味線は、叩く木田林松栄(きだりん しょうえい)に弾く高橋竹山と言われます。木田 林松栄の力強い叩きの三味線は、自分には、津軽三味線らしいと思います。今日演奏される長谷川裕翔さんは、木田林松栄の流れを組むといいますので、そんなご縁があったと言えるのでしょう。
飯沼会長のこのような話は、初めて聞きました。

今回、大鷹の湯に浸かってまいりましたが、すばらしい泉質の温泉でした。すばらしいアルカリ泉です。自分の知るところでは、アルカリ泉では、レジーナの温泉、芦野温泉、川俣温泉があります。泉質と施設でもすばらしいものでした。このような温泉は、近在では見られないように思います。
長谷川裕翔さんのライブをご紹介いたします。
左から柴田曜太郎さん.綱川敬子(二代目長谷川裕翔)さん
そして私
綱川さんが、すごくチャーミングな方でした。
飯沼覚寿会長です。
会長とは、若かりし30代からの長いお付き合いです。
津軽や会津出向の10数年間は、お会いしていません
でしたが、このようなご縁に感謝しています。
会長の田舎の五所川原は、手仕事専科津軽金山焼
津軽裂き織土偶の工房があります。
会場は、凄く賑わっていました。
津軽三味線を聴く機会は少ないのですが
明るく楽しい演奏会となりました。
左が、大部俊雄さん、右が2代目長谷川裕翔(綱川敬子さん)
初代長谷川裕翔(綱川さんのお母様)
別邸 鷹山
ライブが済んで、帰る時には、迎え提灯が
似合っていました。
西那須野泉 大鷹の湯
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画
080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp