2015年5月22日金曜日

雄勝硯(おがつすずり)の紹介

先頃、仙台に伺いましたが、雄勝硯(おかつすずり)の伝統工芸士の山崎勝さんをたずねました。
先の2011.03.11の東日本大震災で、雄勝硯の石巻は、壊滅状態となりました。それは、無残な姿です。
この度訪ねた山崎さんは、奥様を津波で亡くされて、仙台の娘さん宅の近くに身を寄せておいででした。
幸い、娘さんの敷地内にある作業小屋をお借りして、硯の製作を継続されています。
昨年の夏に伊勢丹新宿店の東北展を訪ねた際に山崎さんと知り合いました。
それまで、雄勝硯の名前は聞いたことがありましたが、詳しくは知らずにおりましたので、今回訪ねることで、詳しく知ることになりました。
 お話の結果、仕事専科のWebciteで掲載することになりました。
震災から、すでに4年が経過しましたが、いたるところに爪痕が残り、雄勝硯の復活は、先になるでしょうか。デパート等の実演販売で、関西地区にまで足を延ばしておいででしたが、年齢的にもまた、需要の減少から、最近は、企画展には、参加していないといいます。
その点、仕事専科Webciteの紹介と販売は、経費がゼロですので、参加しやすいでしょう。
山崎さんの想いを現在作成している「雄勝硯|開和堂硯舗」で、5月中には、ご紹介いたします。

下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。