2014年2月12日水曜日

株式会社モンブランヤマグチのほぐし織の美術工芸傘

過日、墨田区にある株式会社モンブランヤマグチ商店を訪ねました。
かねてより、お取引のお願いをしておりました。
というのは、古布を傘に使えないだろうかと考えていたからです。
ほんとうに沢山の古布が、行き場がなく、弄ばれています。
かつては、富の象徴でもあり、一着数十万円から数百万円のものが、聞こえてきました。
しかし、時代が変わり、ひとは、忙しいことから、着物を着る機会がありません。
また、生活の中に着物が似合う時間と場所が見当たらなくなりました。
時折年配の着物の女性陣を見ますが、お茶でしょうか、お花でしょうか、踊りでしょうか。
若い方では、噸と見なくなりました。

モンブランヤマグチ商店は、私の勤務しておりました、日本ビューホテルのご縁のある会社です。
山口会長が、浅草ビューホテルの5階クラブの会員で、毎週プールで泳がれているとおっしゃられました。また、社長御夫妻も浅草ビューホテルで、挙式をされたと伺いました。
そのような意味では、ご縁を感じる会社です。
わたしが、4年近く前に日本ビューホテルを定年退職し、始めた会社が、手仕事専科のWebciteです。
いまでは、大きく育ちました。
育てていただきました。

いままで、下野・会津・津軽 手仕事専科のエリアでおりましたが、わたしの学生時代は、8年間を東京におりました。
江東区扇橋に住み、築地や新宿ににアルバイトをし、また、浅草の田原町に下宿し、双子の娘を得ました。
娘の縁のあるのが、築地そして、月島です。
近々、ホームページにほぐし織りの「モンブランヤマグチ」美術工芸傘をアップ致します。
数点を写真でご紹介いたします。
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。
株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ