2017年12月23日土曜日

津軽こぎん刺しの「タペストリー」

津軽には、すばらしい伝統工芸が沢山あります。
津軽こぎん刺しが、そのひとつですが、現代津軽こぎん刺作家貴田洋子氏は、そのこぎん(小布)に魅せられた方です。
すでに、手仕事専科では、「現代津軽こぎん刺作家貴田洋子]として、ご紹介しています。
11月8日、改組 新 第4回日本美術展覧会(平成29年度)国立近代美術館に彼女の作品を見に伺いました。
「津軽古布・赫きの舞(つがるこぎん・かがやきのまい)」。
いつもの彼女の作品に新しい木綿布からの糸を刺し、異なる作風の作品に仕上がっていました。
製作中にみたものよりも額装され、正装した作品です。
その後、彼女を囲み作品のことや販売についてお話ししました。
「日展や個展の多くの作品は、素晴しいけれども、価格的に容易に購入されることは難しい。
より、ポピュラーな形で作家紹介に繋がるような作品(商品)を創られてはいかがでしょうか。
それらの商品(作品)から、貴田洋子が、身近な作家として、知られることになるでしょう。
引いては、それらの大作品も求められることに繋がるでしょう。」といったことになりました。

それが、今回のタペストリー制作となりました。
彼女は、来春の出展作品制作があり、すでに構想が出来ている2点の作品をその前に刺してくれました。彼女の意気込みが伝わってきます。
作家の心意気があり、商品ではなく作品をということから、「売れるもの」に抵抗があったものと思います。
私の「作品販売」は、作家のご紹介です。
現代津軽こぎん刺作家、貴田洋子の紹介は、引いては、作品販売に繋がるからです。
良いものは、それが作品であれ、商品であれ、必ず道を見つけると思っています。
その手助けが私の「手仕事専科」webciteの役割です。
作品を前に
貴田洋子氏
彼女の作品に集う
津軽 赤い秋         ¥130,000
 麻布・もめん糸刺し
 吊るし:アクリル棒・紐付き
  90cm×40cm 
 ■作品コード AC-04401■
津軽 白い冬         ¥130,000
 麻布・もめん糸刺し
 吊るし:アクリル棒・紐付き
  90cm×40cm 
 ■作品コード AC-04402■
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp 
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ