2016年9月30日金曜日

精麻をご存知ですか。vol001

手仕事専科で人気の工房に野州麻紙工房があります。
それは、大麻畑で収穫される大麻草から、作られる麻紙になります。
大森由久氏は、麻の生産農家でありながら、麻炭や精麻、おがら、そして麻紙を作られる一貫経営をなされています。栃木県の鹿沼(特に旧粟野町)は、麻の特産地です。全国の80%以上を生産しています。従来は、問屋があり、一手に精麻を買い上げて、市場に流通させていました。
大森氏は、日本麻協会の会長をされておられ、麻の復権と普及の活動をなされています。
手仕事専科のスタート時に県立博物館の元学芸部長であった柏村祐司先生から、ご紹介を得て、お取引ができました。
それまで、大麻草の知識は、殆どありませんでした。自宅の土蔵に麻の精麻があり、祖父から麻のことを聞いたくらいです。その頃は、麻の生産は、戦後のGHQの占領政策から一般農家では生産が禁止されていたものと思います。

麻の生産については、実に実に大変な作業です。
大森氏を初めとして、多くの方のご尽力でしょうか、精麻が、そして、精麻から作られる「波動の良い麻製品」が、ブームになりつつあります。
実に多くの商品が、お求めいただいております。
・大麻博物館  http://www.geocities.jp/hwfhb259/taimahakubutukann.html
・野州大麻   http://www.geocities.jp/hwfhb259/oonusa.html
・麻の葉工房    http://www.geocities.jp/hwfhb259/asanohakoubou.html

今回は、精麻が、できるまでの一部を画像にてご紹介いたします。


下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。

2016年9月28日水曜日

思い出の世界旅行①

私の宝物に20代に経験した、世界ひとり旅があります。
大学を休学して1年の予定で計画したのですが、途中でお金がなくなり、スイスで働かざるをえませんでした。
それで、2年間となってしまいました。
金はないけれども時間はあるということで、随分と気ままな旅行となりました。
私の人間観は、その頃に培われました。
23歳という年齢から、また、経済大国の日本人であることから、西洋でも歓迎されました。
当時は、トヨタのカローラが、アウトバーンを走っていました。
正月は、スイスの教会で2週間ほど、泊めていただくことができました。
コレクトコールで、家族に電話することができました。
今は亡き母の声が、いまでも耳に残っています。
 
今となっては、また、同じ道程を歩くかと言われたら、NO!でしょうか。
それほどに危ないところを歩いてきました。
レバノンのベイルートでは、市街戦のまっ最中でした。
子供が、銃を持って、塹壕に立て籠もっていました。
そんな折に機関銃を突き付けられて、目隠しをしてジープに乗せられて、アジトに連行されました。
幸い、釈放されましたが、安易な自分が、恥ずかしく思い出されます。
同じく、イラクやイラン、アフガニスタンと紛争の最中でしたので、
いつ国境が閉鎖せれるかもわかりませんでした。
今では、宝物です。
スケッチは、おもにヨーロッパをヒッチハイクで移動していたときに車を拾う合間で、描いたものです。
トルコの羊飼いのおじさんと
一緒。
12.10.1974
Geneve
Esparsette
02.07.1974
BaverEiseneSchtein
07.08.1974
Bleiswuk
14.10.1974
Oberhofen
06.09.1974 スコットランド
CopelCurig
下野・会津・津軽のブログ」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。